【島田洋七“がばい”独占手記/第3回】「ヤメロ、バカヤロー!」ビートたけしに“マジ”で怒られた夜

【島田洋七“がばい”独占手記/第3回】「ヤメロ、バカヤロー!」ビートたけしに“マジ”で怒られた夜

島田洋七

 漫才ブームが去って売れなくなってから、いろんなことをやりました。六本木で「芸バー」もやりました。当時は東京にお笑いをやる劇場がなかったし、弟子を6人くらい抱えてましたからね、芸を披露する場としてオカマではなく、芸人の芸の芸バーを開いたんです。

 ワイドショーが取材に来たんで、着物着て、化粧してオカマの格好をしてインタビューを受けたんです。たまたま、たけしが見ていたんでしょうね、夜、店にやってきて「ヤメロ、バカヤロー。恥ずかしいじゃねぇか。ヤメロ、バカヤロー、早く化粧を取れ。金に困っているなら金やるからこんな恥ずかしいことはヤメロ」とマジに怒った。

 明石家さんまもフジテレビの『オレたちひょうきん族』のプロデューサーと一緒に来て、「兄さん、恥ずかしいからやめてください、オカマにならんでもいいでしょ」と。あくまでギャグや、その日しかやりませんでしたからね。そう言いながら、たけしもさんまも心配してよく来てくれた。店は4カ月くらいやりましたかね。

 その後だったか、伊豆で民宿をやろうと土地を買ったんですが、温泉が出ないことがわかって、失敗しました。

 埼玉の所沢に住んでいるときには、ラーメン屋もやりました。「まぼろし軒」。名付け親はたけし。いつ潰れてもいいから。まぼろしのように現れて消えるからだって。

 所沢では初の芸能人のラーメン屋ということで、たけしのアイデアで和田アキ子さんに電話して「花輪出してもいいですか」とお願いしたら、「ええよ」と言うんで出してもらった。所沢ですからね、西武の監督だった東尾修さんをはじめ、西武の選手の花輪がずらっと並びましたよ。

 マイケル・シャクソンという花輪も出しましたよ。そしたら、外国のレコード会社の人から電話があって「マイケル・ジャクソンとお知り合いですか?」と問い合わせがあった。「いや、ジャクソンではなく、点々がないシャクソンです」と言うたら、抗議でなく、知り合いか友達かなと思っただけですと。マイケル・ジャクソンと知り合いなわけないじゃないですか。ホンマ、いいかげんでしたね。

 所沢でラーメン店「まぼろし軒」をオープン。開店初日は記念やから半額。ところが、たけしが『オールナイトニッポン』で「洋七の店のラーメンはタダらしいぞ」とまちごうて情報を流した。

 店に700人くらいの行列ができたんです。パトカーがやってきて誰かガードマンを雇って、整理してくださいよと言うけど、ガードマンなんておらんよ。お客さんに、なんで並んでるのと聞いたら、たけしがラーメン、タダ、タダとラジオで言ってた、と。ラーメン、70杯分しか用意してませんよ。70杯分はタダにして、食べられんかった人にはすいません、すいませんと謝って回りましたよ。700人の列は結構、長い距離ですよ。近所の店にも迷惑をかけたんで、夜中に「たけしがラジオで言い間違えました」と謝りに回りましたよ。

 10年前に所沢から佐賀に引っ越すんで、まぼろし軒は店長に退職金代わりにやるわ、と。今でもありますよ。

 参院選にも出馬しましたね。法定得票数を取って、埼玉で5位で。供託金は没収されなかったですね。出馬するきっかけだけど、ある日、たけしと飲む時に背広を着て行ったんですよ。たけしから「おまえ、国会議員みたいだな。どうせ暇なんだから選挙に出ろ。おまえが言っていることは合っていることが多いからな、出ろ、出ろ」と言われたんですよ。

 そういう話があった時に、所沢の行きつけの寿司屋に来るおばちゃんたちにも、「洋七さん、選挙に出てよ。洋七さんが話していることはまともや」と言われて勝手連みたいなムードになったんで、ほな、出ようかなということになったんです。

 といっても、選挙に詳しい人は誰もおらんし、選挙事務所もない。自宅を選挙事務所にして、近所のおばさんたちに手伝ってもらいましたよ。国政選挙は約2週間でしょ。朝8時半から走り回って、握手するだけ。終わるとグッタリ。酒もたばこもやらんから、2週間で9キロ痩せましたよ。

 それにしても、選挙違反というのは、ようわからん。お菓子ひとつとってもスーパーの菓子はいいけど、虎屋の菓子はダメだとか。大宮で薬屋に入って、「よろしく」と言ったら写真を撮られて、選挙違反だと言われた。選挙参謀はいないから、わからんことばかりでした。

 昔、埼玉県から参院選に出馬しましたが、選挙はようわからん。でも、新聞はバックに誰も付いとらんことがわかっていたから、応援してくれましたね。北野武も「応援に来るからな」と言ったけど、来んかった。「洋七、政治はやばいな」だって。自分から選挙に出ろって言いながら、コロッと変わる。終わってから「惜しかったな」だって。いい加減にせいや。

 選挙のレンタカー代やガソリン代を含めて、300万円を供託したんです。選挙が終わってから、供託金を返しますから、取りにきてください言うんで行ったんです。没収じゃなかったんですね。行くと2万円くらいの利子がついてましたわ。

 そういうところは国はしっかりしてますね。

 選挙初日はマイクを持っても照れますよ。それに「島田洋七です」と連呼していいのを知らんかった。わかった3日目からはテンションが上がりましたよ。ただ、選挙参謀がいないから、どこが県境かわからん。タレントでお笑いですから、話を聞こうと人は集まりますよ。

 50人以上集まった場所で20分くらいしゃべって「島田洋七です、よろしくお願いします」と言ったら、聞いていた人たちが一斉に「ここは群馬だよ」だって。こんなことが十数カ所でありましたよ。秩父の先に行った時ですよ。東京と山梨の境なんですね。細長い東京都の土地を飛び越して、「島田洋七です」と演説していたら、パトカーがやってきて「洋七さん、ここは山梨ですよ」と言うんですよ。「えっ、山梨ですか」と言うと「どこまで来てるんですか」と言われて、道を教えてもらって帰りましたよ。

 あと、選挙で思ったのは自分でポスターを貼るのを知らんかったことですよ。埼玉は昔はダサイタマなんていわれましたが、人口は700万人以上ですよ。ポスターは1万1,700カ所。貼る人も貼らん人もいますが、組織がないと個人では無理ですよ。それに1万部以上のポスターを作るのに金がかかる。選挙は金がないとだめだということがわかりましたよ。それでも2,000部くらい作って、近所のおばさんたちがあちこち貼ってくれた。それでは目立ちません。

 でも、法定得票数を取って5位、落ちましたが、選挙のたびに出馬の誘いは来ます。でも、選挙はもうこりごり。たけしの誘いに乗ったボクがバカだった。

 参議院選挙に落ちてよかったと思いますわ。私は国会というのは頭のいい人が集まってやっているのかと思ってました。ところが、嘘つくのは平気。態度は横柄。

 3、4年前に自民党から政権が民主党に代わる時、その時の大臣。私が京都から新幹線に乗ったら、その大臣がボクの顔を見て「キミ」と言うんですよ。ボクは弟子でもなんでもない。「キミ、テレビで見たな」、キミ、キミとあんまり言うから、ボクは「卵か?」と返したけど、シャレがわからん。「卵とは言ってないよ。キミだよ」とまた言われた。「ちょっと来たまえ」だって。来たまえって、時代劇じゃないんだから。

 今どき、民間人に上から目線で物を言うんじゃないって。選ばれたと思って勘違いしている。俺たちが選んであげたのに。国会議事堂は1億2,000万人がみんなで話をするところ。入れないから代表で行っている。それを上からこっちに来たまえと。あんた来たまえと言ってやりましたよ。

 そしたら、キミは辛口だねって。俺の唇をしゃぶったことがあるのか? なめたことがあるのか? そうしたら意味がわからないって。

 その間、横にいたSPが笑いをこらえてましたよ。その人、バカでしたね。それですぐに選挙が始まって、落ちました。それぐらいのレベルの人なんですよ。どこの人とは言わないけど、70くらいで長崎出身。

 総理になった鳩山由紀夫さんも似たようなもんですよ。身長180センチ、体重が72キロくらい、東大出で家は金持ち、ボクにとっては見たこともない完璧な人間だと思いましたよ。顔を見て、新聞に宇宙人みたいな顔と書いてあったけど、書いた人、宇宙人見たことがあるのとか思いましたが、あれ以来、宇宙人の顔は鳩山さんだと、思い出してしょうがない。

 鳩山さんも凄く頭が悪いですね。お母さんからもらった12億円を知らんと言ったんだから。なんぼ金持ちでも12億円は知ってますよ。毎月、親から1,500万円ずつ、何年ももらっておいて、知らんて。親子の友愛、人との友愛と言っているんだから、その間に親と話す機会はあるでしょ。お母さんも知らんと言う。振り込んだ方も知らんし、もらった方も知らんのよ。そんな頭の悪い政治家の仲間にはなりたくありませんよ。
(続く/企画・構成=本多圭)

●しまだ・ようしち
1950年、広島県生まれ。本名・徳永昭広。広陵高校出身。1975年に島田洋八と漫才コンビ「B&B」を結成し、ツービート、紳助・竜介とともに「漫才ブーム」を牽引した。

関連記事(外部サイト)