カンナが土木作業員に!? まったく涙腺がゆるまない“涙のラスト”も平均視聴率2ケタ記録『カンナさーん!』最終話

カンナが土木作業員に!? まったく涙腺がゆるまない“涙のラスト”も平均視聴率2ケタ記録『カンナさーん!』最終話

TBS系『カンナさーん!』番組公式サイトより

 お笑い芸人・渡辺直美がポジティブなシングルマザー役を演じるドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の最終話が19日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。その結果、全10話平均視聴率10.2%と、2ケタ台で幕を閉じることに成功しました。

 さて、それでは最後のレビュー。河東カンナ(渡辺直美)は前回、ファッションデザイナーとして長年勤めてきた会社を早期退職することが決定しました。そのため再就職先を探し始めるのですが、なかなかうまくいきません。

 その一方、カンナの元夫・鈴木礼(要潤)が経営するCG制作会社にトラブル発生。クライアントが倒産してしまったため、外注先への支払い5,000万円を借金しなければならなくなってしまったのです。しかし、カンナと再婚するためにマンションを購入したばかりの礼に、そんな大金はありません。困った挙句、両親にお金を都合してくれと頭を下げるのですが、「自分の力で解決しなさい」と、父・徹三(遠山俊也)に突き放されてしまいます。また、柳子(斉藤由貴)からは、借金返済の覚悟を決めるためカンナと息子・麗音(川原瑛都)とは縁を切るよう言い渡されてしまうのです。

 柳子の言いつけに従い、カンナに「好きな人ができたからもう会わない」と嘘をついて縁を切ろうとする礼ですが、その嘘はあっさり見抜かれてしまいます。そして、借金のことを打ち明けると、カンナはマンションを売り払ってでも借金返済に協力すると言ってくれるのです。これに感激した礼は、勢いのままにプロポーズ。しかし、「今じゃないでしょ」と断られてしまいます。

 借金返済のためにも早急に再就職先を見つけなければと焦るカンナですが、事はうまく運ばず。そんな折、工事現場で働く沙知(高橋メアリージュン)の姿が視界に飛び込み、その活き活きとした様子に目を奪われてしまうのです。その姿をぼんやり眺めていると、現場主任から「ウチで働きてーのか」と声をかけられ、勢いのままに働くことを決意します。

 一方、第3話から第6話でカンナと恋仲になったファッション業界の大物・ニック難波(加藤雅也)がニューヨークから帰国。カンナとは会えずじまいでしたが、借金とカンナへのプロポーズ失敗で落ち込む礼に対して「何度でもトライしろ」と激励して去って行くのです。

 ニックに勇気づけられた礼は、工事現場で働くカンナの元へ駆けつけます。そして、最初の結婚の時と同様、バイオリンの演奏者やプロジェクションマッピングを用いてのロマンティックな演出でプロポーズ。今度はカンナからOKをもらえ、小さいアパートの一室ながらもひとつ屋根の下で親子3人の生活を再開させたところでドラマは終了となりました。

 さて、感想ですが、今回はこれまでにも増してツッコミどころ満載でした。まず、柳子が礼に対して、カンナと麗音とはもう会うなと言うシーン。これまでのやり取りを考えれば「カンナと」はわかりますが、猫かわいがりしていた麗音とまで縁切りしろと言う意味がわかりませんでした。

 それと、その柳子の忠告を受けた礼が、もう会わないとカンナに切り出したシーン。「俺の不幸に2人を巻き込みたくない」と語るのですが、これまで何度も浮気し、離婚する原因をつくった張本人が何を言っているのかと噴飯ものでした。また、借金返済に協力するとカンナから言われた後、「俺にはやっぱりカンナが必要だ」と言ってしまえる都合の良さと、結果的にそれを受け入れてしまうカンナの甘さは典型的なダメ男とそれに引きずられるダメ女の構図。全10回の放送中ずっとつかず離れずを繰り返していましたが、さすがに見飽きてしまいました。

 それともう1つ、カンナが工事現場で働くシーンがひっかかりました。現場のおっちゃんがいきなり「ウチで働きてーのか」なんて声をかけますかね。それを受けてカンナはすぐに働き始めるのですが、たとえ泥臭くとも困難に立ち向かうポジティブな姿を見せたかったのでしょうか。その割にメイクがばっちりだっため、まったく無意味な演出に思えてしまいました。

 演出といえば、最後の礼のプロポーズ。そのシーン直前にCM入りする際、「涙のラスト」というテロップが流れたのですが、どこに涙を流す要素があったのでしょうか。借金を抱えた奴が何を呑気なことしているのかと冷めた目で見てしまい、涙腺がゆるむことはありませんでした。

 今回に限らず、全体を通してご都合主義な展開が目立った『カンナさーん!』ですが、視聴率的には大健闘。ネット上ではカンナのポジティブな姿に元気をもらえたという声もありますから、もしかしたら続編制作もあり得るかもしれませんね。その時にはもう少し、カンナと礼以外の出演者たちのキャラも掘り下げるようなストーリー展開を期待したいです。
(文=大羽鴨乃)

関連記事(外部サイト)