映画化決定の山下智久『コード・ブルー』に「脚本家戻せ」の大合唱!“安達版”が不評のワケ

『コード・ブルー』映画化決定 安達奈緒子氏から林宏司氏に「脚本家を戻せ」との声

記事まとめ

  • 映画化決定の『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』に「脚本家を戻せ」との声
  • 『月9』は山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、有岡大貴らが出演
  • 脚本家を『救命病棟24時』の林宏司氏から安達奈緒子氏に変更、恋愛展開に不満が爆発

映画化決定の山下智久『コード・ブルー』に「脚本家戻せ」の大合唱!“安達版”が不評のワケ

映画化決定の山下智久『コード・ブルー』に「脚本家戻せ」の大合唱!“安達版”が不評のワケ

新垣結衣

 2018年公開に映画版が公開予定の『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』に対し、同シリーズのファンから「脚本家を戻せ」との声が相次いでいる。

 18日に最終回が放送されたフジテレビ系“月9”ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』は、全話平均視聴率14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。これは、7月期民放ドラマにおいて、断トツのトップだ。

「フジはこの数字に気をよくし、早い段階で映画化を決定。宮内正喜新社長も一部スポーツ紙のインタビューで、同作のヒットで局内に『活気が出てきた』と語っている。確かに、数字的には『コード・ブルー』シリーズの需要の高さを証明する形となったものの、同時に質の低下が従来のシリーズのファンを落胆させたのも事実。3rdシーズンは明らかに『コード・ブルー』の良さが打ち消されていたため、映画版にも不安が過ぎります」(テレビ誌記者)

『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』は、2010年に全話15%超えを記録した2ndシーズンから、約7年ぶりの復活。山下智久新垣結衣戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介という当初からの主要キャストが再集結したほか、Hey! Say! JUMP・有岡大貴、成田凌、新木優子、馬場ふみかが加わり、キャストの若返りが図られた。

 また、脚本家を『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズや『救命病棟24時』シリーズで知られる林宏司氏から、『失恋ショコラティエ』や『リッチマン、プアウーマン』(全てフジテレビ系)を手掛けた安達奈緒子氏に変更。映画版のスタッフはまだ発表されていないものの、引き続き安達氏が手掛ける可能性は高そうだ。

「安達氏は恋愛ドラマのイメージが定着していることもあり、放送前から『コード・ブルー』ファンは不安を吐露していた。案の定、放送が始まると、病院内の人間ドラマが中心となり、『さっさと、ドクターヘリ飛ばせ!』とファンの不満が爆発。特に、戸田演じる医者と患者の不倫をほのめかすような恋愛展開には、『恋愛要素いらない』『林さんなら、こんなことには……』といった声が相次ぎました」(同)

 とはいえ、数字的には大成功。この調子なら、映画版もヒットしそうに思えるが……。

「ネット上では、『脚本家戻さないなら、見に行かない』という声も目立ち、果たしてお金を払ってまで安達版『コード・ブルー』を見たいのか? という点は不安要素とも……。安達氏は、中高生をターゲットにした恋愛映画『ひるなかの流星』を手掛けたことはあるものの、やはり医療など専門的な分野となると弱い部分も見える。一方、林氏は 大森南朋主演の社会派ドラマ『ハゲタカ』(NHK)が高評価を得、映画化させた実績もありますから、やはり林氏に戻すほうが賢明では?」(同)

 数字とは裏腹に、厳しい声が寄せられている『コード・ブルー』。フジに視聴者の声は届くだろうか?

関連記事(外部サイト)