元SMAP・香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の「新しい地図」ファンクラブに入会殺到

記事まとめ

  • 元SMAP・香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎が立ち上げた新プロジェクト「新しい地図」
  • 方位記号を模した同プロジェクトのロゴは草なぎ、香取、稲垣で協力して書き上げたそう
  • 有料ファンクラブ会員は25日現在、9万人を超えているとみられ4億円以上が動いた計算に

新SMAP「新しい地図」3日間で4億円超がっぽり!? 香取&草なぎTwitterに登場でファン騒然!

 今月、ジャニーズを退所した草なぎ剛香取慎吾が、24日放送のラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm)に出演。22日に立ち上げた新プロジェクト「新しい地図」について触れた。

 草なぎは、新プロジェクトについて「いろいろやりたいことがいっぱいでさ。ようやく始まったなって」「真っ白な地図に、真っ白なキャンバスに、みんなでいろんな絵描いて、いろんな色の。消してもいいし、また」などと心境を吐露。

 香取も「自分たちの決断で、よし、やりましょうって言ったら、プロジェクトチームが動き始めてくれて、すごい賛同してくれる人がいてくれて」「ゼロからのスタートですよ。真っ白な地図を、みなさんでうめていきたいと思います」と期待感をにじませた。

 また、方位記号を模した同プロジェクトのロゴについて、草なぎ、香取、稲垣吾郎の3人で協力して書き上げたことも明かし、草なぎは「方角決めてもいいし、決めなくてもいいし、いろんなとこに飛び出して」と、そこに込めた思いを語った。

「このラジオが収録された22日、朝6時から『おじゃMAP!! 2時間スペシャル』(フジテレビ系、10月4日放送)のロケをしていた草なぎと香取ですが、『おじゃMAP!!』の公式Twitterでは、リアルタイムでロケ中の2人の姿を公開。SNSに2人の写真が投稿されることなどジャニーズ時代には考えられなかったため、ファンも大興奮のようです」(芸能記者)

 プロジェクトの発表と共に、有料ファンクラブの会員を募っている「新しい地図」だが、まだコンセプトが発表されただけにもかわらず、多くの会員を獲得しているようだ。

「ファンの間では、より早い会員番号の争奪戦が行われ、なんとか3ケタ台までをゲットしようと22日深夜に申し込み者が殺到。25日現在の入会で9万1,000番台以降となっており、すでに9万人以上が入会したものと見られている。ちなみに、年会費はジャニーズよりも500円高い4,500円で、ここに入会金1,000円と手数料200円がかかってくる。たった数日間で、4億円以上ものお金が動いた計算になります」(同)

 なお、「新しい地図」は、eコマースの大手である株式会社アルムが運営。同社の株主には、アメブロやAbemaTV、AWAなどのサービスを提供するサイバーエージェントのほか、日本テレビや、日本テレビグループのインターネットベンチャー企業・フォアキャスト・コミュニケーションズなども。

「11月2日に、AbemaTVで生放送される72時間ぶっ通しの番組に出演予定の元SMAPの3人ですが、今後は、音楽配信サービス・AWAや、日テレが手掛けるHuluを使った展開が見られるかもしれない。テレビにこだわらない活動が見られそうです」(同)

 ジャニーズ事務所、そして中居正広や木村拓哉から離れ、新たに歩き始めた元SMAPの3人。新しい地図に描かれるのは希望か? はたまた茨の道だろうか?

関連記事(外部サイト)