やせる気配ゼロ! “グルメタレント”彦摩呂を襲う「仕事殺到→太り続ける」の悪循環

彦摩呂「仕事殺到し太り続ける」の悪循環か 7月の電気代が5万6000円を記録と告白

記事まとめ

  • 彦摩呂が9月22日放送のテレビ朝日系『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』に出演
  • 彦摩呂は電気代が5万6000円で、外出中も常に冷房を22度にセットしているという
  • 太り方が尋常ではなく、健康診断企画では「余命4年」が宣告されたことも

やせる気配ゼロ! “グルメタレント”彦摩呂を襲う「仕事殺到→太り続ける」の悪循環

やせる気配ゼロ! “グルメタレント”彦摩呂を襲う「仕事殺到→太り続ける」の悪循環

彦摩呂オフィシャルサイトより

 タレントの彦摩呂が9月22日放送の『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』(テレビ朝日系)に出演し、デブタレならではの苦悩を告白した。彦摩呂は一人暮らしながら、今年7月の電気代が5万6,000円を記録。帰った時に暑いのがイヤで、外出中も常に冷房を22度にセットしているという。

 彦摩呂といえば「○○の○○や〜!」のたとえコメントでブレークし、多くのグルメリポートをこなしている。だが、太り方が尋常ではなく、健康診断企画では「余命4年」が宣告されたことも。とはいえ、一向にやせる気配がない。それどころか、テレビで見るたびに肥大化している。実はデブタレの中で、彦摩呂だけが特例として“アンタッチャブル”な存在だといわれているが、それはなぜなのか?

「彦摩呂はバラエティ番組を多くこなしていますが、元アイドルです。お笑い芸人のデブタレとは別格なんです。芸人デブタレには『大食い』『暴飲暴食』『不健康』『ゲテモノ食い』といった、負のイメージがどうしても付きまといます。イメージ第一の飲食系企画の場合、彦摩呂のような純粋なタレント出身のデブタレが重宝されるんです」(放送作家)

 確かに、食レポ企画には必ずといっていいほど彦摩呂が登場する。結果的に彼に仕事が殺到し、余計に太る負のスパイラルに陥っているようにも見える。

「もはや彦摩呂しかいないという状況はあるでしょうね。松村邦洋は30キロのダイエットに成功、伊集院光はあの体形で意外と少食、なおかつ現在はダイエットに挑戦中です。内山信二は一線を離脱していますし、石塚英彦もさすがに年齢を重ね健康に気を使っているのか、ジム通いが報じられています。安田大サーカスのHIROは、脳出血を発症しています。さらに、彦摩呂はほかのデブタレと違い、もともとやせていた人が極端に太っていく様子が面白がられています。視聴者や番組の作り手は暗に『どこまで太るか?』を期待している面もあるでしょう」(同)

 あらゆる条件が重なり、デブタレのグルメリポーターとしては“一人勝ち”状態といえる彦摩呂。くれぐれも健康状態には気をつけてほしいものだ。
(文=平田宏利)

関連記事(外部サイト)