覚せい剤逮捕の清水良太郎を、父・アキラは「必ず復帰させる」!? 過去には薬物犯の仕事復帰に容認姿勢も

清水アキラ、逮捕の三男・清水良太郎容疑者にステージ復帰のプランか

記事まとめ

  • 清水アキラの三男で、覚せい剤取締法違反で逮捕された清水良太郎容疑者が送検された
  • アキラを知る業界人は「あの人は必ず息子をステージに復帰させる」と話しているそう
  • アキラは酒井法子が薬物で有罪判決を受けた際、芸能界の仕事復帰に賛成と書いた過去も

覚せい剤逮捕の清水良太郎を、父・アキラは「必ず復帰させる」!? 過去には薬物犯の仕事復帰に容認姿勢も

覚せい剤逮捕の清水良太郎を、父・アキラは「必ず復帰させる」!? 過去には薬物犯の仕事復帰に容認姿勢も

「ダメ女」(テイチクエンタテインメント)

 ものまねタレント・清水アキラの三男で、10月11日に覚せい剤取締法違反で逮捕された俳優の清水良太郎容疑者が、13日に東京地検へ送検された。ホテルに呼んだ風俗嬢に「薬物を飲まされた」と110番通報され、任意同行の末に尿検査で覚せい剤の陽性反応が出て逮捕された。良太郎容疑者は当初「使ってない」と容疑を否認していたが、その後は一転して認める供述を始めているという。

 12日の夜、父・アキラは自宅前で会見を開き、「話もしたくない」と涙ながらに突き放し、息子の芸能界復帰について否定的だったが、アキラを知る業界人は「あの人は必ず、息子をまたステージに復帰させると思う」と話している。

「かなり親バカな人ですから、いまは世間向けに厳しいことを言っていても、この先ひと段落すれば再起の場所を用意すると思いますよ。もともとアキラさんは薬物犯の復帰にも賛成の人ですしね」(芸能イベント関係者)

 実際、アキラは2009年、自身のブログで、歌手の酒井法子が薬物で有罪判決を受けた際、芸能界での仕事復帰に賛成する意見を書いたことがある。

「一年間は芸能界の仕事は、するな。ってのりぴーの事を云っている人がいらっしゃるらしいけど判決が!出て!罪を!償って!勿論!覚せい剤を!断ち切ったら!私は復帰しても良いと思うよ。で、ないと前科のある人はみんな、仕事!出来ないよ。それこそ差別だと思うよ」(原文ママ)

 この主張に沿えば、良太郎容疑者に今後、有罪判決が出ても、薬物を断てば芸能仕事に復帰すべきだということになる。

 良太郎容疑者は2月、写真誌に違法カジノ店での賭博疑惑を報じられ謹慎していたが、アキラは7月に一緒にディナーショーをするなど早々の復帰を後押ししている。

 会見でアキラは「(復帰後のステージで)歌詞を見ながら歌ってるのを見て、全然、反省してないのかと思っていました。バカ野郎としか言いようがないですね。もうあいつを信じることはできない。事務所はクビにして、自分で歩んでもらいたい」と厳しく話したが、その一方で「突き放したいけど、家族ですから」「(薬物から脱却するサポートも)やらないといけないかもしれません」と情を見せる場面もあった。

 もっとも、テレビや映画など大きなスポンサーの付く俳優としての仕事は難しくなるだろう。橋爪功の息子である橋爪遼や、故・若山富三郎の息子・若山騎一郎ら薬物犯の二世俳優は、たとえ親が大物でも仕事復帰が非常に厳しい状況だ。

「でも、前回の復帰でやったような親子ディナーショーのようなものなら、自主開催でもやれる話」と前出イベント関係者。

「厳しく突き放したポーズをとった手前、親子共演での復帰のような露骨な“親バカ”はやらないとしても、家族経営の事務所が軸になっているわけですから、なんらかの形でステージ復帰のプランを用意するのでは」(同)

 復帰するしないはまだ先の話だが、親の七光りで食わせてもらいながら賭博や薬物、風俗にまみれ、29歳にもなって善悪の区別がつかなかった二世タレントが、仮に芸能界に戻ってきたとしても、以前のようにチヤホヤされることはなさそうだ。
(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

関連記事(外部サイト)