膝蓋骨悪化の浜崎あゆみに心配の声……“キックボード事故”起こすも、奇跡的に「マキロン」で完治か 

膝蓋骨悪化の浜崎あゆみに心配の声……“キックボード事故”起こすも、奇跡的に「マキロン」で完治か 

インスタグラムより

 

 南国でキックボードを楽しむ人気歌手の浜崎あゆみに対し、ファンから膝を心配する声が相次いでいる。

 現在、「来年までタイトに続く今回のツアーで唯一このタイミングしかないって事で、女4人+ブルゾンくにみさんとダラダラゆるゆるリフレッシュの旅に来ました しあわせー」と、バックダンサーたちを引き連れバカンス中の浜崎。6日には「朝から夢中で汗だくになってキックボードをやり続けてたら、ド派手に転んでひとりで薬局にマキロン買いに行きました」と、青空の下、ホットパンツ姿でキックボードを楽しむ写真を投稿している。

 しかし浜崎といえば、6年ほど前に膝を壊したと告白。昨年のライブでは左脚中にテーピングが巻かれ、ファンを心配させた。また、今年5月には、ファンクラブのサイト上で「なんとかだましだまし6年間頑張って私に付き合ってきてくれた膝蓋骨がとうとうダメになった」と綴り、今年に入って密かに手術とリハビリをしていたことを事後報告していた。

「歩くのもままならないほどに膝を損傷していたはずのあゆだけに、長時間にわたりキックボードをした揚げ句、“ド派手に転んで”おきながらも殺菌消毒液の『マキロン』だけで済んだことにファンも驚愕している。また、膝の悪化を心配しているファンからは、『サポーターとか付けたほうが』『せめて膝の隠れるパンツを履いてほしい』『完治したならいいけど……』との声も見受けられます」(芸能記者)

 そんな、ファンも心配する浜崎だが、その抜群のスタイルにも関心が集まっている。

「先月23日に広島でコンサートを行った際、観客に対し“写真撮影OK”の時間を設けたがために、ネット上で『激太り』と話題になってしまったあゆですが、バカンス中の写真はどれも痩せており、集合写真ではファンですら『どれがあゆちゃんか、わからなかった』とのコメントを寄せるほど。この短期間で激痩せしたということでしょうか……?」(同)

 ド派手に転ぶも、幸い大事に至らなかった様子の浜崎。膝だけでなく、左耳は2008年に聴力を失っていることを告白し、今年5月には「右耳の聴力が激しく衰退しています」と明かしている浜崎だけに、ファンも体を心配せずにはいられないようだ。

関連記事(外部サイト)