『FNS歌謡祭』ディーン・フジオカが“不安定な歌声”披露も、「音量ゼロで見ると、最高に幸せ」と歓喜

『FNS歌謡祭』ディーン・フジオカが“不安定な歌声”披露も、「音量ゼロで見ると、最高に幸せ」と歓喜

写真:つのだよしお/アフロ

 国際派俳優でミュージシャンで映画監督のディーン・フジオカが、13日放送の生音楽番組『2017 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に出演。多くの出演アーティストたちがコラボステージを披露する中、単独で2曲を歌唱した。

 ディーンは、メル・トーメによる定番クリスマスソング「The Christmas Song」のカバーのほか、今月20日にリリースされる自身の新曲「Let it snow!」を披露。体を大きく動かしながらノリノリで歌い上げた後には、音が消えるタイミングでガッツポーズのような姿勢を取り、キメ顔。拳に握った“何か”を息でフッと吹き消すような動作をして微笑み、カメラ目線でアルカイック・スマイルを浮かべた。

 ディーンのあまりのイケメンぶりに、ネット上では「兎にも角にも美しい顔が文句なし!」「顔がキレイすぎて、歌が入ってこない」「かっこいいから、歌はド下手でも許す!」「音量ゼロにして見ると、最高に幸せ〜」といった声が相次いでいる。

「案の定、歌唱力を評価する声はなかなか見当たらず……。とはいえ、こんな素人のカラオケレベルの歌声でも、顔だけでこれだけ女性視聴者を魅了するのですから、まだまだ人気は衰え知らずと言えそう。終盤に大ヒット曲『HELLO』を披露したアミューズの先輩・福山雅治よりも、ある意味、盛り上がっていました」(芸能記者)

“音痴”とまでは呼べないものの、終始、微妙な歌声を披露したディーン。次に登場したシンガーソングライター・aikoの歌唱力の安定感と比較すると、残念ながら雲泥の差であった……。

「ディーンは、いつでも堂々と自信に満ち溢れた表情を浮かべており、歌唱中も“ドヤ顔”やカメラへのアピールを欠かさない。その謎の自信が『たまらなく好き』という女性ファンの声は多いようです。ただ、これだけ歌声が評価されないとなると、旬が過ぎた後のことが心配。アミューズは、結婚後に人気が急落した福山に続く“ポスト福山”としてディーンを売りたいようですが、起用さで言うとなかなか厳しそう。実際、ディーンのコンサートは中年女性ばかりで、彼の音楽そのものが好きな人は少なさそうな印象。また、武井咲とダブル主演を務める放送中のドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)も視聴率不振に陥っており、『主演よりも脇役のほうが光る』との声も多い」(同)

 現在は、多くの女性週刊誌に特集を組まれるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのディーンだが、先は長くないかもしれない。

関連記事(外部サイト)