片寄涼太主演『PRINCE OF LEGEND』に急展開! “異母兄弟”設定&鈴木伸之の登場にハイローファンが沸くワケ

片寄涼太主演『PRINCE OF LEGEND』に急展開! “異母兄弟”設定&鈴木伸之の登場にハイローファンが沸くワケ

『PRINCE OF LEGEND』公式サイトより

「“女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える刺激的かつ極上のプロジェクト」として放送中の『PRINCE OF LEGEND』(日本テレビ系)。

 ヤンキーたちが大暴れした前シリーズ『HiGH&LOW』(以下、ハイロー)とは180度違う方向性だけに、キラキラした王子様がたくさん登場するストーリーにむず痒さを感じていた人も大勢いるかと思いますが、17日放送の3話には、そんなハイローファンお待ちかね(?)の“ヤンキー王子”が登場! さっそくあらすじからレビューしていきたいと思います。

(前回までのレビューはこちらから)

 

■Episode3「野生で育った荒くれ者 お城の王子は勝てるのか!?」

 理想のお姫様(だと勝手に思っていた)成瀬果音(白石聖)とのハプニングキスを忘れられない“セレブ王子”朱雀奏(片寄涼太/GENERATIONS from EXILE TRIBE)。ほっぺたを赤く染めて、「イーッツ」と頭をブンブン振りますが、なかなか頭から離れてくれません。

 ある日、家に帰ると、帰国した父・俊哉(六角精児)が学ラン姿のヤンキーを連れていました。「ついてくんじゃねえ、オッサン」と、父に失礼な態度を取るその男を警戒する奏ですが、「この人は、君のお兄さんなんだよ」と父からまさかの告白。奏とは異母兄弟だというのです。

「父上のことですから、隠し子が10人以上いてもおかしくないんじゃないかと思っていました」とヤケに聞き分けのいい奏と、もう一人の息子・京極尊人(鈴木伸之/劇団EXILE)に、俊哉は「成瀬果音ちゃんを幸せにして欲しい」とお願いをします。

 俊哉は果音の父が作った3,000万円の借金を肩代わりしたそうなのですが、「勝手に知らないおじさんから3,000万円プレゼントされるなんて気持ち悪い」「母はいつも言っていました。貧乏でも施しは受けない。お金は自分の力で稼ぐものだと」と、果音に嫌われてしまったそうです。

「金で愛は買えない。愛で金は買えない。金と愛、その二つがなければ人は幸せになれない」 と、俊哉は自分の初恋の女性の忘れ形見である果音を幸せにしてくれたほうに、数兆円程度の朱雀家の全財産を渡すと宣言しました。

 朱雀家の財産を他人に渡してもいいという父にショックを隠せない奏は、第一側近の“メガネ”王子・久遠誠一郎(塩野瑛久)から、「果音に自分のことを好きにならせてから全てのことをバラして失望させる」とアドバイスをされます。

 一方、「好きな女がいる」と、まるで興味を示さなかった尊人は、奏の第二側近で“下克上王子”の鏑木元(飯島寛騎)に焼肉を奢られ、携帯で録った果音の動画を見せられると「やっと会えた……」と、いつしかの奏のように、すっかりメロメロに。

そして、俊哉に返事をする約束の日。

尊人「成瀬果音は俺が幸せにする」

奏「果音を幸せにするのは僕です。父上の夢は僕が叶えます」

 火花を散らす息子二人に、父はご満悦です。

 一方その頃、果音の元には新たな王子が現れます。それは、尊人の弟・竜(川村壱馬/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)。次回、この“ヤンキー王子”たちが大暴れしてくれそうな予感です。

■「ハイロー」ファン大喜びの“異母兄弟”設定

 女遊びの末にできた子どもに自分のエゴを押し付ける父・俊哉がだいぶぶっ飛んでいることと、六角精児の遺伝子から片寄涼太と鈴木伸之が生まれるという奇跡にはどうしてもつっこまずにいられなかった第2話ですが、視聴者の興味を引いたのは、間違いなく奏と尊人が異母兄弟だったことでしょう。

“異母兄弟”というと、ハイローでは、弟のことが大好きで、「お兄ちゃんの言うこと聞きなさい!」が口癖の女好きな兄・雅貴(TAKAHIRO/EXILE)と、クールで喧嘩大好きな弟・広斗(登坂広臣/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)による「雨宮兄弟」が、腐女子を中心に絶大な人気を集めました。この雨宮兄弟にはとっても複雑な事情と悲しい運命がありましたから、ハイローファン的には、今回の奏と尊人が腹違いの兄弟と聞いても「やっぱりな〜」とか「そうなんだ〜」くらいで、特に驚きはなかったかと思います。慣れって怖いですね。

 そんなハイローで、正義感が強くて血気盛ん&ちょっぴりおバカなヤンキー・ヤマトを演じていた鈴木くんが今回演じるのが、下町最強のヤンキー・京極兄弟の尊人です。尊人は奏の血の繋がらない兄でもあるので、もはや“一人ハイロー”状態です。もちろん、ケンカのシーンはまだありませんが、中の人のキャラを生かした大食い設定もそのままだし、性格も似ているし、そのうち「おい、コブラ〜」とか言い出しそう。なんだかヤマトの高校生時代を見ているような気分です。

 これには視聴者も、「ハイローでウケまくった設定をうまいこと変換しつつもプリレジェに還元しすぎじゃない!?」「奏と京極兄弟、異母兄弟案件で俄然ハイロー雨宮兄弟みが増して尊い」「鈴木伸之がメシを食うだけの動画を3時間ばかり眺めていたい」「ホイホイ元ちゃんについていって話の内容ぺらっちゃう尊人だいぶちょろかわいい」と大興奮のようです。

 ちなみに鈴木くん、日曜22時半から放送中の『今日から俺は!!』(同)では、賀来賢人くん演じる主人公のライバル・片桐を演じており、今期2つのヤンキー役をかけもちしています。どちらのヤンキーがタイプか、見比べてみてください。

 

■恋する第一側近・誠一郎がいじらしい

 初回のレビューで、「奏役の片寄くんの演技が棒」と書きましたが、回を重ねるごとに表情、というか顔芸が達者になってきているように思います。「奏様がだんだん子供に見えてきて愛おしさが溢れた〜〜かわゆい」「奏様がべびたんすぎて母性くすぐられすぎてむり」と、

 また、それと同様に人気を集めてきているのが、第一側近のメガネ王子・誠一郎。2話で奏に思いを寄せていることが明らかになった彼ですが、「押せ押せ!! 誠一郎!!」「誠一郎様応援上映じゃー!! 頑張れー!!」と、腐女子人気を高めているようです。今話では、落ち込む奏を励まそうと思わず肩を抱こうとするものの、その手をそっと引っ込める描写が、何とも切なくてグッときました。

 なお、誠一郎を演じている塩野くんは、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(テレビ朝日系、2013年)で、ツンデレキャラの真面目くん・立風館ソウジを演じていますので、気になる方はぜひ。

 さて、今夜放送の第4話では、超絶クールな果音様が凛々しく拳を空に突き上げていました。また、京極兄弟には何やら秘密があるとか……。鈴木くんがハイローでみせたアクションシーンに期待しつつ、楽しみに待ちたいと思います。

(どらまっ子TAROちゃん)

関連記事(外部サイト)