好感度No.1のサンドウィッチマンが繰り広げる“コント”と“街ブラ”の融合!『ぶらり即席コントの旅』

好感度No.1のサンドウィッチマンが繰り広げる“コント”と“街ブラ”の融合!『ぶらり即席コントの旅』

dTV『サンドウィッチマンのぶらり即席コントの旅 DX』特設サイトより

 サンドウィッチマンが絶好調だ。先ごろ実施された「歴代M-1王者で最も好きなコンビ」という調査(日刊大衆)で1位を獲得するだけでなく、今年行われた「一番好きなお笑い芸人」調査(日経エンタテインメント!)では、明石家さんまに次いで2位にランクイン。その上、「今一番面白いお笑いコンビ」(ボイスノート調べ)、「テレビ局関係者が使いたい芸人ランキング」(週刊FLASH)で1位を獲得するなど、もはや無双状態である。

 そんな彼らの勢いを表しているのは、現在のレギュラー本数ではないだろうか。テレビとラジオを合わせ、その数なんと14本! しかも、彼らが出入りしているのは在京キー局だけではない。出身地の東北を大事にしているからか、地方でのレギュラー番組も非常に多いのだ。そんなところも、サンドウィッチマンの好感度につながっている気がする。

 

■即興で作り上げられる街中でのコントのクオリティに驚愕

 

 彼らが持つレギュラーの中でも特にご紹介したいのが、『サンドウィッチマンのぶらり即席コントの旅』である。東北放送とTVKテレビにて今年10月より放送されているこの番組、地方だからと言ってヌルいところは全くなく、放送時間30分まるまるが無茶ぶりの連続だ。

 そのコンセプトだが、基本はいわゆる“街ブラロケ番組”。しかし、ほら貝の音が鳴ったら最後、そのシチュエーションで即興コントをしなければならないという形式である。しかも、その日のコントで最も足を引っ張った出演者(各回でゲスト1組が出演)は、罰としてセンブリ茶を飲まなければいけないルールまで設けられている。

 さて、どういう形で番組は進んでいくのか。何度も言うが、サンドウィッチマンの好感度は高い。商店街にある店舗に立ち寄り「これ、美味しそうですねぇ」とふれあいが行われる際の空気感は、すこぶる朗らかである。

 そんな最中「ブワワァ〜!」と、唐突にほら貝の音色が響く。その刹那、緊張が走り始めた芸人のテンションを察知することは容易だ。即興なので、言うまでもなく台本はない。状況も役どころもオチも、全てアドリブとチームワークで組み立てられていくことになる。

 例えば、今までにこんなコントが完成している。

 

■「新居を探すカップル」(ゲストはニッチェ・江上敬子)

 

 高円寺の不動産屋にお邪魔している最中、唐突にほら貝が鳴った。

江上 (お客さんのテイで)お家をさがしているんですけどぉ。

富澤 (お客さんのテイで)今、夫婦っていうか、セフレなんですけど。

伊達 (店員のテイで)マニアだな、随分。どういう感じの家がいいのかな?

江上 私、お風呂スケスケのやつがいい。

富澤 スケベな女だよ、本当に(笑)。

伊達 お風呂スケスケの物件は無え。

江上 じゃあ、天井は鏡がいい。

伊達 ラブホテルに住め。太ってんな、お前ら。

富澤 2階の方がいいですね。下に聞かせたいみたいなところがあるんで。響かせたいみたいな(笑)。あんま、お金ないんで。

伊達 仕事は何やってんの?

江上 ○○です。(音声処理されているが、おそらく「AV女優です」と答えている)

■「相席」(ゲストはアンタッチャブル・柴田英嗣)

 

 月島のもんじゃ焼き屋で食事している最中、唐突にほら貝が鳴った。

富澤 (店員のテイで)こちらでどうぞー。すみません、相席お願いします。

伊達 (外国人のテイで)スミマセン、スリランカカラキマシタ。

柴田 (鉄板いっぱいに広がったもんじゃ焼きを指して)ダメでしょ! なんで、俺のを食べさすの!?

富澤 元々、もんじゃをちょっと多めにしてあるんですよ。

柴田 スリランカの人が来るのを見込んで多くしたわけじゃねえだろ。

伊達 イタダキマ〜ス!

柴田 やめろって、おい!(伊達を叩く) ふざけんな、偉い奴を呼んでこいよ。上司でもオーナーでも。

富澤 (伊達を指して)スリランカ店の上司になります。

柴田 あっ、お店の人!?

 

■「遺跡発掘」(ゲストは東京03)

 

 江古田駅前でオープニングトークしている最中、唐突にほら貝が鳴った。

伊達 (道路を指差して)ここ、掘るから。遺跡があるって言われてるんだよ。

飯塚 すみません、ウチの前でなんですか? 遺跡なんてないですよ。勝手に掘られても困るんですけど。

角田 早く掘っちまえよ、オラ!

飯塚 あなたは誰なんですか?

角田 ここに、前に落としたメガネが埋まっちゃってる可能性があるんだよね。

伊達 メガネ? (小声で)徳川の埋蔵金ですよ。

角田 (小声で)それ言っちゃうとマズいから。

伊達 (小声で)でも、メガネってどうかな。メガネの嘘はバレるよ。

角田 (飯塚に)メガネはジョークだよ。

飯塚 ジョーク!?

 アドリブでここまでできるなんて、改めて思うが芸人は凄い。

 

■コント開始をびびり続けるゲストと、ずっと余裕のサンド

 

 この番組に出るゲストを見ていると一様に戦々恐々で、「いつ、ほら貝が鳴るのか?」と心ここにあらずの様子だ。何しろ、街ブラ中に神社でお参りした柳原可奈子は「あんまりほら貝が鳴りませんように」と拝んでしまうし、バイきんぐの小峠英二はぐったりした表情で「思った以上に大変でしたね。もう、出たくないです」とこぼしてしまっている。

 一方のサンドウィッチマンは、終始、余裕しゃくしゃくのテンションでいるのが凄い。M-1でブレークしたものの、コント職人でもある2人の肝とスキルが印象付けられるのだ。

 また、あんなルックスでありながら“人を傷つけない笑い”に人気が集まっているサンド。それだけに、街ブラでの距離の取り方は絶妙である。感じよく振る舞いながら、それでいて時には一般人にもツッコんでみせたり。好感度の所以そのままを垣間見た感がある。

“街ブラ”としても“コント”としても新しいこの番組は必見だ! ……と言いたいところだが、カンニング竹山がゲスト出演する「中野区新井薬師寺編」(TVKでは12月23日深夜に放送)で、『サンドウィッチマンのぶらり即席コントの旅』は最終回を迎えるとのこと。

 でも、番組は当初から「東京23区の街ブラを目指す」と標榜していたはず。もしも口コミでの人気が高まれば、続編の放送の可能性だってあるかもしれない。期待したい。

 ちなみに同番組、放送できなかった未公開含む完全版が来年の1月6日よりdTVにて独占配信されることが決定している。興味を持った方は、是非ご覧いただきたい。
(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)