アジアン・隅田美保“ブスイジリ克服”テレビ復帰の裏で奔走した「アノ」大物芸人って……?

アジアン・隅田美保“ブスイジリ克服”テレビ復帰の裏で奔走した「アノ」大物芸人って……?

吉本興業公式サイトより

 女性お笑いコンビ・アジアンの隅田美保(42)が、テレビ出演復帰に向けて意欲を見せている。

 隅田といえば、「ブスだとイジられることによって彼氏ができない」という理由で、2015年からテレビ出演を休止。仕事は劇場などの漫才のみに抑えて、カフェでアルバイトするなど結婚に向けて突き進んできた。

 ところが、今月に入り自身のブログで「正直、彼氏ができんへん事をお笑いのせいやと思ってたんですがどうやら全く関係ありませんでした。テレビを休んでも、彼氏ができませんでした。やっと、気づきました!! 3年弱かかりました」と、思い込みから解けたことを明かし、今後、本格的な活動を再開させることをアピールしていた。

 そんな隅田の決断に、ある大物芸人が関わっていたという。

「吉本の先輩であるの今田耕司さんが、テレビ活動を休止していた2年8カ月の間、隅田さんのことを、ずっと気にかけていたようなんです。相方の馬場園梓さんに、隅田さんの近況を聞いたり、直接本人と連絡を取って相談に乗ったりグチを聞いたりと、温かく見守っていたみたいですね」(芸能関係者)

 16年7月9日には、関西ローカルのバラエティ番組『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で、今田の発案で、隅田をテーマにトークを展開。隅田のことを視聴者や世間に忘れられないように配慮することもあった。

「これから隅田さんとしては、まず関西圏でのテレビ出演から徐々に再開していって、以前のように東京でも活動を広げていきたいようですね。その足掛かりとして現在、今田さんがMCを務める番組に隅田さんを呼ぶ企画が進行しているそうです。そんなことまでしてもらって、隅田さんは今田さんに頭が上がらないはずですよ」(同)

 コンビとしては、11日に日本テレビで放送された賞レース『女芸人No.1決定戦 THE W』で、さっそく3位という成績を収め、その実力がまだまだ落ちていないことを証明してみせた。18年はコンビでの仕事が増えるとみられるだけに、今後の活躍が楽しみだ。

関連記事(外部サイト)