木村拓哉のLINEスタンプが売上トップも……ジャニーズ村の“謎ルール”にマスコミ困惑

木村拓哉、『さんタク』インスタ企画は『72時間ホンネテレビ』と“モロかぶり”

記事まとめ

  • LINEスタンプ「木村拓哉お年玉つきスタンプ」が26日に発売、早くも販売数1位に
  • 元SMAPのジャニーズ退所組3人はLINEの商売敵・サイバーエージェントの広告塔と化した
  • 『さんタク』では木村が渡辺直美の指導で明石家さんまを被写体にインスタグラムに挑む

木村拓哉のLINEスタンプが売上トップも……ジャニーズ村の“謎ルール”にマスコミ困惑

木村拓哉のLINEスタンプが売上トップも……ジャニーズ村の“謎ルール”にマスコミ困惑

木村拓哉のLINEスタンプが売上トップも……ジャニーズ村の“謎ルール”にマスコミ困惑の画像

 元SMAP・木村拓哉LINEスタンプ「木村拓哉お年玉つきスタンプ」が26日に発売され、早くも販売数ランキング1位となっている。

「ジャニーズタレントがLINEスタンプになるのは異例のことだけに、ファンは大喜び。一方、LINEスタンプに書かれている文字が、ものまね芸人のホリが連発したことで“キムタク語録”として浸透した『ちょ、待てよ!』や『ぶっちゃけ』などであることから、ネット上では『公式グッズとは思えない』『なりふり構わなさすぎ』『痛々しい』との声も」(芸能記者)

 木村は、25日に都内で行われたLINEのCM発表会に出席。取材に訪れたウェブメディアに対しても、LINEスタンプの画像データが配られたが……。

「LINEスタンプにデザインされている木村の顔は一見して“写真”であるため、一部記者が『ついにジャニーズ事務所が、写真をネット解禁か?』とザワついていました。しかし、主催者サイドは『写真ではない』と言い張り、あくまでも“イラスト”だという主張を繰り返していました」(同)

 現在まで“ネットへの写真掲載NG”という謎のルールを他社に強いてきたジャニーズ事務所。このCM発表会でも「木村拓哉さんが写ったムービー及びスチール素材のご利用は、TV媒体及び紙媒体に限らせていただきます」との注意書きが配られ、多くのネットニュースが当日並んで登壇したLINEのマスコット「ブラウン」の着ぐるみの写真を掲載するはめとなった。

「世間の多くが、なぜSNSのCMキャラクターに、ネットNGのジャニタレを!? とモヤモヤ。これでは、ジャニーズ事務所のマスコミ統制ぶりばかりが目立ち、ジャニタレのイメージダウンにもつながると思うのですが……」(同)

 また、木村と明石家さんまによるバラエティ特番『さんタク』(フジテレビ系、来年1月1日放送)は、22日までにさんま名義でインスタグラムのアカウントを開設。プロフィール欄には「『さんタク』 番組放送中に明石家さんま個人インスタを随時アップしていきます」とあるが……。

「番組では、木村が“インスタの女王”渡辺直美からレクチャーを受けながら、さんまを被写体に“インスタ映え”する撮影に挑むとか。放送中に、番組スタッフが写真を投稿していくのでしょうが、これが元SMAPの退所組3人が生出演した『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)の企画と“モロかぶり”。加えて、退所組がすでにLINEの商売敵であるサイバーエージェントの広告塔と化していることもあり、木村の仕事はことごとく“後追い”状態となっています」(同)

 26日に「LINE NEWS」に掲載されたインタビューで自身のことを「共有物」と形容し、ネットのネガティブな意見も受け入れている様子の木村。それなら、何をおいても報道写真を共有させてほしいところだが……。

関連記事(外部サイト)