「色がないなぁ」香取慎吾がサラリーマンに哀れみ!? 「上から目線」「バカにするな」と批判殺到

元SMAP香取慎吾のSNS投稿が炎上 芸術家気質からか不親切な言葉の表現が目立つ

記事まとめ

  • 元SMAPの香取慎吾が「出勤の人の流れみて 色がないなぁ」とTwitterに投稿した
  • ネット上では「サラリーマンをバカにするな!」などと大炎上
  • 批判を受けてか、27日には「今日も勉強になるお言葉沢山頂きました」と投稿している

「色がないなぁ」香取慎吾がサラリーマンに哀れみ!? 「上から目線」「バカにするな」と批判殺到

「色がないなぁ」香取慎吾がサラリーマンに哀れみ!? 「上から目線」「バカにするな」と批判殺到

香取慎吾

 元SMAPの香取慎吾が26日、自身のTwitterに「出勤の人の流れみて 色がないなぁ.と 俺は色だらけなんだなぁ.と 思う朝」と投稿し、波紋を呼んでいる。

 この約30分後には、「心カラフルな一日でありますように!」ともつぶやいている香取。香取の言う「色」が、出勤風景の何を指しているかは定かでないものの、ネット上では「サラリーマンをバカにするな!」「真面目に頑張ってる一般人に、上から目線」「芸能界で生きてると、この発言の失礼さに気付かないの?」といった声が相次いでいる。

「満員電車に揺られ、必死で通勤するサラリーマンやOLを哀れんでいるようにも受け取れるため、不快感を覚えた人も多かったようです。似たような騒動といえば、4月に世界的ダンサーの菅原小春が、インスタグラムにJR総武線快速の通勤ラッシュ時の写真を投稿。サラリーマンが顔をガラスに押し付けられている様子をホーム側から撮ったもので、『笑い者にするんなんて』『晒された人がかわいそう』と大炎上しました」(芸能記者)

 なお、菅原は後に、当サイトの取材に対し「検索して出てきた写真」とした上で、「私自身の中には全くマイナスなことをもたらす意味を持って載せたことではなく。日本のカルチャーにある1つの美であったり、アートに見えました」と釈明している。

 ただ、香取についてはこんな見方も。香取は現在、「パラリンピックサポートセンター」に寄贈した自身の壁画をレゴブロックで再現するプロジェクトの真っ最中。くだんのツイートの数時間後には、「LEGOでパラサポ壁画制作 これ一枚で3時間!」と、色とりどりのレゴの上に倒れている自身の写真をインスタグラムに投稿しており、そんな“色”と格闘している環境から「俺は色だらけ」と表現したのかもしれない。まあ、そうだとしても、言葉足らずであることは否めないが……。

 香取といえば、20日放送のバラエティ番組『おじゃMAP!!SP』(フジテレビ系)で、ゲストの稲垣吾郎に対し「(SNSに)この年齢でお前何やってるの? みたいなコメントがあったりするの。そうすると、『あ、そうだよねえ、俺、なにやってるの?』みたいな。『いやいや、でも俺こうやって生きてきたんだよ』みたいな」と発言。

 さらに、「色がないなぁ」発言への批判を受けてか、27日には「今日も勉強になるお言葉沢山頂きました いくつになっても日々勉強 いくつになっても新しい発見」とツイートしている。

「独立後はインスタグラムとTwitterを始めるなど、ジャニーズ時代と比べて一般市民に寄ってきた印象の香取ですが、当然ながらその生活環境は浮世離れしている。小学生の頃から芸能界しか知らない生来大スターの香取ですが、芸術家気質からか、SNSでは不親切な言葉の表現も目立つ。SNSから誤解を招き、今後の活動に支障を及ぼしそうな危なっかしさが感じられます」(同)

「出勤の人」と一括りにし、自分と比べたことで一般人との間に壁を作ってしまった香取。SNSを始めたことで、スターとして命取りにならなければいいが……。

関連記事(外部サイト)