観月ありさ、毎年恒例の誕生日パーティー開催! ド派手仕様に「パリピ感がヤバイ」とネットドン引き

観月ありさ、毎年恒例の誕生日パーティー開催! ド派手仕様に「パリピ感がヤバイ」とネットドン引き

観月ありさ公式Instagramより

 女優の観月ありさが12月9日、Instagramを更新。自身の誕生日パーティーの様子を公開し、話題となっている。

 交友関係が広いことで知られる観月。毎年200人ほど集まる誕生日パーティーを開いており、今年はにぎやかな衣装とフェイスペインティングで着飾った観月が立派なケーキの横に立ち笑顔で写る姿や、フェイスペインティング途中を写した画像などが公開された。

 観月の幸せそうな様子がうかがえるこの投稿に、ファンからも歓喜と祝福の声が上がっており、リプライ欄には「私服も写真もすべてがオシャレ」「お誕生日おめでとうございます!」といったコメントが寄せられている。

 しかし一方で、ネットユーザーはこの観月の姿に戸惑いを隠せずにいるようだ。

「今年のパーティーは、ケーキもドレスもカラフル仕様。芸能人なだけに素材はいいものを使っているのかもしれませんが、それを殺すド派手スタイルに、ネットは『さすがにこれはない』と失笑している様子。確かに、観月さんから漂うパリピ感がなんとも言えませんよね(笑)」(女性誌ライター)

 今年42歳になった観月だが、ド派手仕様にネットもびっくりしてしまったよう。また、それ以外にも、このときの観月の容姿に対し、さまざまな声が上がっているよう。

「この日の観月さんに対し、『浜崎あゆみのバックコーラスを務めているティミーさんに似ている』『覚せい剤で逮捕される以前にDJをしていたときの酒井法子に似ている』といった指摘や、フェイスペインティングに『これはシルク・ド・ソレイユ仕様だ』といったさまざまな声が。みんな言いたい放題といった調子でしたね(笑)」(同)

 夫は年商約150億円といわれている実業家・青山光司氏。ネットで「急に金持ちになると人間変わるよね」と言われているように、結婚してから急に変わってしまった感が否めない。それだけに、ファンの中には「昔の美少女は何処へ……」と嘆く声も聞こえている。

 来年は、一体どんな誕生日パーティーを開くのだろうか?

関連記事(外部サイト)