【桂文枝に演芸場の名称巡り疑惑】上方落語協会会長から身を引く可能性も

記事まとめ

  • 桂文枝について、演芸場名称の一般公募を巡る疑惑を週刊現代が報じている
  • 文枝は一作年の歌手・紫艶に続き、56歳の日舞師範女性と"8年愛"を報じられていた
  • 上方落語協会会長の文枝は、今年6月の任期満了を待たずして自ら身を引く可能性もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております