フジテレビの非情な人事!? 結婚直後に降ろされた長野美郷アナウンサーに同情の声続出

 4月7日より、フジテレビの宮澤智アナウンサーが『めざましどようび』(フジテレビ系)のメーンキャスターを務めることがわかった。これを受け、現在メーンキャスターを務めている長野美郷フリーアナウンサーの去就に注目が集まっている。

 報道によると、もう1人のメーンキャスターである佐野瑞樹アナウンサーは引き続き担当するようで、おそらく宮澤と長野が入れ替わるだけの編成となるもよう。宮澤は「歴史ある番組に携わることへの責任感を感じながらも、土曜日の朝、ほのぼのとした心地よい時間を皆さまに届けられるよう、精一杯努めてまいります」とコメントを発表した。

「今回の異動に対し、ネット上では『長野アナがかわいそう』という意見が上がっています。というのも、長野は18年1月に結婚を発表したばかり。タイミング的には結婚で長野の男性人気が落ちたため、フジテレビが容赦なく長野をクビにしているように見えてしまうのでしょうね。『女子アナは結婚すると価値が下がってしまうものなのか……』『長野さんは結婚したけどまだ妊娠してないし、このタイミングでクビにするのはなんだかなあ』など非情な人事が疑問視されています」(芸能ライター)

 また今回の人事には、視聴率が低迷しているフジテレビの厳しい財政事情が伺えるとの指摘も。3月5日に行われた改編説明会で、フジテレビは危機感を持っていると明かし、大幅な番組ラインナップの変更を発表していた。

「今回の改編の目玉は、なんといっても『めちゃ×2イケてるッ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了。この2番組はフジテレビの顔のような番組でしたが、近年は膨大な制作費に対して視聴率が振るわず、ついに打ち切りとなってしまいました。14年には『森田一義アワー 笑っていいとも!』も終了しましたが、こちらも高額な制作費がネックだったとか。そのため、今回『めざましどようび』をフリーアナウンサーの長野から局アナの宮澤に変更したのは、少しでも制作費を抑える意図があると噂されています」(同)

 果たしてフジテレビの改編は成功するのだろうか。

関連記事(外部サイト)