フジテレビ・田中大貴のフリー転身に「需要ナシ」と冷めた声! 過去には“お金のトラブル”も……

 3月19日の「日刊スポーツ」で、フジテレビの田中大貴アナウンサーが今春退局すると報道された。フリーアナウンサーに転身し、芸能事務所に入る予定だという。

 田中アナは2004年から14年まで同局の『とくダネ!』を担当していたほか、『すぽると!』『ユアタイム』などに出演。現在は毎週土・日曜日に放送されている『スポーツLIFE HERO’S』やスポーツ中継などを担当している。

「今回の独立報道には『この程度のフリーアナウンサーなんて各局にいくらでもいる』『大丈夫か? それほど需要があるようには思えない』『よっぽど自分に自信があるのか、それともよっぽど会社に居ずらいのか』といった疑問の声が続出しています。フリーアナウンサーになると収入が激増すると言われていますが、女子アナに比べて男性アナはフリー転身にかなり消極的。TBSの安住紳一郎アナウンサー、フジテレビの伊藤利尋アナウンサー、日本テレビの桝太一アナウンサーなど大人気アナでも局に留まっているので、田中のフリー転身に多くの人が違和感を抱くのは当然ですね」(芸能ライター)

 羽鳥慎一、古舘伊知郎、福澤朗、宮根誠司などはフリー転身成功と言われているが、元フジテレビの長谷川豊、山中秀樹などはフリー転身失敗との声もあがっている。

「不安な中でも田中がフリーに踏み切るのは、17年5月の『週刊女性』(主婦と生活社)の報道が関係しているかもしれません。『週刊女性』によると、田中は懇意にしている会社社長を相手に、後輩の女子アナや知り合いの読者モデルを紹介するための飲み会をセッティング。そこで社長が女性たちに対して支払った“タクシー代”1〜3万円ほどを、田中は自分の懐に入れていたというのです。また、局に無断で副業としてトークショーの司会を受けていたという疑惑も。こういったことが原因で田中は『ユアタイム』を降板させられたとも言われており、局での立場が下がったたため、やむなくフリー転身を決意したのでしょう」(同)

 成功すれば自由に仕事ができて、お金もたくさん入ってくるフリーアナウンサー。田中にとって今回の決断は既定路線だったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)