セクハラへの関心度が上昇し、イジリー岡田や石橋貴明、三村マサカズら死活問題か

記事まとめ

  • 狛江市長や財務省の福田淳一前事務次官を巡り、セクハラへの社会の関心度が一気に上昇
  • 「イジリー岡田をスタッフが最近使いにくいと嘆いている」と、テレビ局関係者は話す
  • 石橋貴明や大江麻理子アナにセクハラまがいの行為をした三村マサカズの芸風を問題視も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております