テレ東“キス特番”で、コウメ太夫が三上悠亜とキス!? 男たちのリビドーが爆発寸前に

「ビジネスキス」という言葉がある。典型的な例を挙げると、女芸人が笑いを取るため、その場の流れで男芸人と交わす、本気ではないキスのことを指す。

 とはいえ、キスはキス。そんなに割り切れるものか? という気がしないでもない。冷静でいられないからこそ、『ゴッドタン』(テレビ東京系)の「キス我慢選手権」は人気企画に成り得たのだろうし。

■三上悠亜とのキスで人生の帳尻を合わせる!

 5月21日と28日の2週連続で放送されたのは、その名も『サバイバル・キス』(同)なる番組。面白いのは、第1週と第2週の番組内容がまったく違うことだ。本稿では、第1週を「男性編」、第2週を「女性編」と呼びたいと思う。

 まずは男性編から。ある日、都内某テーマパークに45人の男たちが集められた。彼らは、屈強な仮面の軍団「キスキラー」による妨害を乗り越えたり、さまざまなゲームをクリアしなければならない。その先に待っているのは、セクシー女優・三上悠亜からのキスである。キスを求め、屈強な男らと対峙するのだ。

「皆さん、最後まで残って、私のぷるぷるかもしれない唇を楽しみにしててください!」(三上)

 それにしても、参加者の顔ぶれにコクがある。30歳のイケメン童貞、離婚されてしまった50歳、人生にいいことがなかった元ホームレス……。

「本当に惨めな47年間だったんで、一度くらいこういう時があってもいいなと思って……」(元ホームレス)

「(三上とのキスは)今までの人生、取り戻せるぐらい価値はあります」(職を転々とする30歳の草食男子)

 ちなみに、ロケは平日に行われたらしい。カタギならば勤労しているはずの時間帯にキスを欲してやってくる……。気合と生活スタイルがスレスレである。

 よく見ると、一般参加者に混じり、芸人・コウメ太夫がすっぴんで参加してる姿も発見できる。

「キスがしたくてたまらなくてね、いいかげん。嫁と離婚してから、何してもうまくいかない! 相変わらず……チキショウ!」(コウメ太夫)

 キスへの一途な思いは買いたいが、意識があまり高くないことは顔ぶれからして明らかだ。

 ゲームが進むに連れ、挑戦者たちは次々に敗退していった。彼らの敗戦の弁が、また熱いのだ。

「チキショーっ、すごいしたかった!」

「なんとかなりませんか……?」

 この日の参加者はピュアである。あからさまにキスと性欲が直結しており、リビドーは暴発寸前の模様。

 結果、優勝を果たしたのは役者の卵であった。めでたく彼は、口と口で三上とキス! その光景は、すがすがしさを感じるほどだ。

■「金持ち、大好き」「玉の輿、イェイ!」と意気上がる美女

 2週目の女性編は、システムが前週とまったく異なる。今回、三上のポジションに位置するのは1人のイケメン社長。9社からなるグループ企業(年商40億円)代表の31歳だ。

 一方、彼に群がるのは7人の美女たち(モデルやグラドル、ポールダンサーなど)。勝ち残れば、社長からのキスと連絡先をゲットすることができるというシステムだ。

 戦前、参加者の意気込みがすごかった。

「金持ち大好きですね。ゲットしたい!」

「ぜひ、(連絡先を)ゲットして今後につなげたいと思います。玉の輿、イェイ! みたいな(笑)。フフフ」

「そういう方(社長)と出会う機会が減ったかなと思って。そろそろ結婚しなきゃいけないんで(笑)」

 男性編に漂っていたすがすがしさを、この日はあまり感じられない。

 こうして女たちの戦いが始まった。1回戦は7人全員と接した社長本人が格付けを行い、上位4名が勝ち抜けられるというルール。ここは頑張るしかない。社長のためにお酒を注いだり、皆が離席した隙を見て隣に座り社長を独占したり、それぞれがそれぞれの戦略で社長にアピールしていく。

 そして、2回戦。勝ち抜いた4名がお互いを見て「誰を落としたいか」の投票をし、最も不人気だった参加者1人が失格するルールである。ここで、ようやく女性陣の本音が爆発した。

「Cちゃんは苦手。女の子同士が話している時、すごい興味なさそうで。はぁ!? って思っちゃったので、落としにかかります」

「後でAさんとコッソリ話して、2人でCさんに投票するように仕掛けようと思います。私、Cさんみたいな露出する女が嫌いなんで」

 Cが社長に付きまとえば、ほかの3人が別のスペースで一斉にCをおとし始めたり。特にCへ強い敵意を示していたのはBであった。彼女が先導して、Cの脱落を画策する。ここまですれば、Cの敗退は順当だろう。……と思いきや、結果的に脱落したのはBだった。談合した意味、まったくなし! えげつない裏のかき合いが4人の間で行われていたようだ。

 結果、社長からのキスと連絡先をゲットしたのは、談合にあまり乗り気ではなかったD。優勝した彼女は社長から頬にキスしてもらったが、これはあくまでおまけである。クライマックスは、社長とスマホを見せ合うその瞬間! ちなみに、戦前「金持ち、大好きですね。ゲットしたい!」とコメントしたのは、このDだ。

 こうして、2週にわたり放送された『サバイバル・キス』。男の“単純さ”と女の“計算高さ”が際立つよう構成されていたように思うが、出場者は見事その期待に応えてくれた。男性陣は絵に描いたようにピュアだし、女性陣は絵に描いたように打算的だし。

 また、番組名は『サバイバル・キス』なのに、女性陣がキスそのものにまったく価値を置いていないところも印象深い。無論、用意されたのが社長ではなく福士蒼汰のような売れ線イケメン俳優だったら、ノリはまったく違っただろうけども。

(文=寺西ジャジューカ)

関連記事(外部サイト)