西島秀俊の“ツンデレ”が炸裂! 高畑充希『メゾン・ド・ポリス』好調キープも、懸念は 事件の“陳腐”さ

西島秀俊の“ツンデレ”が炸裂! 高畑充希『メゾン・ド・ポリス』好調キープも、懸念は 事件の“陳腐”さ

TBS系『メゾン・ド・ポリス』番組公式サイトより

 高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)18日放送の第2話の視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前回から0.3ポイントダウンしたものの、これまた2ケタを獲得。ネット上では、「西島秀俊」「胸キュン」の文字が躍っているようですが、いったいどんな展開となったのか、まずはあらすじからふりかえっていきたいと思います。

(前回までのレビューはこちらから)

■「老人が自殺」の真相は……

 独居老人・平松祥恵(内田尋子)が、自宅のトイレで死亡する事件が発生。前回、シェアハウスで暮らす元警察官のおじさん5人とチーム「メゾン・ド・ポリス」を結成した(させられた)新米刑事・牧野ひより(高畑)は、元熱血デカの迫田さん(角野卓造)と元科捜研のチャラ男・藤堂さん(野口五郎)を連れて事件現場へ。

 睡眠薬を飲んだ平松は、内側から接着剤で密閉されたトイレの中で硫化水素を発生させ命を絶っていました。玄関には鍵がかかり遺書も見つかったことから、警察上層部は自殺として処理しようとしますが、

・接着剤でドアを密閉することは、隙間にノズルを挿入すれば外側からでもできる
・平松は小学校の見守り隊に参加するなど、生きがいがあった
・72歳のおばあちゃんがスマホで遺書を書くか(とすればなぜ老眼鏡を使っていないのか)

 などなど、不自然な点も……。さらに、藤堂さんはクローゼットの中の派手な衣類から何かの「毛」を発見し、コッソリ持ち帰って自宅の研究室で調べることに。

 そんな藤堂さん、実はひよりの良き相談相手である鑑識の杉岡さん(西田尚美)とは元夫婦でした。思わぬ形で藤堂さんと顔を合わせることとなり、ストレスMAXの杉岡さんは元夫に嫌味を吐き、ひよりにも「現役の刑事がこんな老人ホームに力貸してもらってプライドはないの?」と当たり散らかします。その言葉を受けて、ひよりはおじさんたちには頼らず、1人で捜査を進めることに。

 第一発見者である三上(中山エミリ)に話を聞くため、ひよりが小学校を訪れると、元捜査一課のエリート・夏目(西島秀俊)さんが勝手に乗り込んできて、三上に尋問を開始。威圧感たっぷりの夏目に、三上は動揺を隠せません。

 しかし、後日その三上はマンションの屋上から飛び降りて死亡。彼女と不倫関係にあったPTA会長・本橋(大場泰正)によれば、平松に不倫を知られた三上は、口止め料として毎月金を巻き上げられ、やがてその金を捻出できなくなった彼女は、PTA会費を横領。本橋にも金を貸してくれないかと頼んできたそうです。また、クレジットカードの使用履歴から接着剤と睡眠薬を購入していたことが判明し、平松殺しの犯人は三上だと確定されました。

 しかし、平松の家の玄関の鍵がかかっていたことがひっかかるひよりは、事件の真相をつきとめるため、メゾン・ド・ポリスのおじさんたちに頭を下げて協力を要請。迫田さんが集めた情報や藤堂さんの鑑定、そしてもはやパナソニックのCMにしか見えない、アイロンがけをしながらの西島さん、ではなく夏目さんの超推理(?)の結果、三上には共犯者がおり、その人物は、次期PTA会長に選出された森元(白羽ゆり)だったことが判明します。

 インスタでキラキラした生活ぶりをアピールしていた森元は、平松に“偽装”を知られてしまい、弱みを握られていた三上と共に平松を殺害。トイレで自殺を図ったように偽装し、三上が家を出た後、森元は玄関の鍵を閉めてクローゼットの中に隠れ、管理人とともに三上が家に入って来たタイミングを見て、森元は平松の家から抜け出した――というのが密室のトリックです。 

 その後、森本は「金を貸してほしい」という三上のお願いを断ったところ、平松殺害の犯行を全てバラすと脅されたため、三上を屋上から突き落として殺害。亡くなった三上が手に握っていたウサギの毛は、そのとき掴んだ三上のコートのファーで、平松の服に付着していたのも彼女のものでした。

 事件解決後、スナックと化したメゾン・ド・ポリスで盛り上がるおじさんたちに飲まされ、ベロンベロン状態のひよりが夏目さんにボソッと、「警察が自殺だって思ってても、自殺じゃないことってあるんですね」と意味深発言をしたところで、今回のお話は終了です。

■今回も、事件そのものは“陳腐”

 さて、今回もおじさんたちの力を借りて事件を解決したひより。前回のレビューで「捜査情報がガバガバ」と書きましたが、2話では警察の無能っぷりも露呈されました。

「1人暮らしの老人が自宅で死亡」「現場は二重の密室」というだけで「孤独を苦にした自殺」って決めつけるし、「容疑者候補が屋上から転落して死亡」とあれば、「事件が明るみに出るのを恐れて自殺」とみてろくに捜査もしません。まあ、そうでないと、メゾン・ド・ポリスのおじさんたちの出番はなくなってしまうので、仕方ないっちゃ仕方ないんですが、犯行の動機やトリックも小学生でもわかるくらい簡単なものなので、謎が明かされていくスリルが全くといっていいほどないんです。

 まだ序盤だからいいですが、この調子が続くと、視聴者は飽きてしまうんじゃないかなと勝手に心配してしまいます。

 ただ、森元役を演じた白羽ゆりさんのお芝居は、前回犯人役を演じた小久保寿人さんと同様に、人間の汚いところがよく出ていてとってもよかったなあと思いました。事件は極めて単純なものだけど、犯人役の俳優のお芝居で説得力を持たせてるようにも思えます。

 特に、森元のインスタを見て、旦那さんの瞳に別の景色が映っていることに気づいた夏目さんとひよりが彼女を追い詰める場面で、不敵な笑みを浮かべた後、

「あの写真は旦那じゃないの」
「フリー素材の知らない男よォオオオ!」

 と声を上げ、泣き笑いするシーンは、元宝塚トップ娘役の美しいお顔が狂気で満ちていたし、鬼気迫る演技は、数多くの舞台に立ってきただけある、さすがの表現力でした。

 それにしても、この作品に出てくる犯人は、みんなサイコパスなんですかね……。

 

■ツンデレがすぎる西島秀俊

「俺だってお前なんかと一緒に居たくない」とか言いながら、「牧野、結婚するぞ」とひよりと夫婦になりすまして公園にいるママたちに話を聞いたり、「おい、ひより」とちゃっかり呼び捨てにしてみるなど、今話の夏目さんはツンデレが爆発。

 高畑さんと西島さんは、2016年にNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で親子役を演じていただけに、ネット上では「夫婦じゃなくて親子だろうが」というひよりのメタ的発言に反応する声や「キュンとした」「私も夏目さんに『結婚するぞ!』って言われたい」「ありがとうございます 仕事頑張れます」という声が上がるなど、視聴者は大興奮のようすでした。

 また、刑事としては優秀なのに「メゾン・ド・ポリス」の中では、先輩たちに言われるがまま、されるがままのおもちゃ扱いをされていて、不器用なくせに世話好きのツンデレというギャップがありまくりな役は、「全女子の需要を詰め込みすぎじゃない?」「血塗れの世界で生きてるより、優しいおじちゃん達にヨシヨシされて生きる方が数万倍輝くしその方がかわいい」と、西島さんファンからも好評のようです。

 メゾン・ド・ポリスでのシーンは基本ワチャワチャしていて楽しいので、この中の誰かが“闇堕ち”してそれが崩れたら嫌だなあと思うのですが……。

 

■なんだか不穏な雰囲気が……

 ラストで父親が自殺した(他殺の可能性があるっぽい)ひよりが、夏目さんに「警察が自殺だって思ってても、自殺じゃないことってあるんですね」とポロッとつぶやきましたが、夏目さんは何か心当たりがあるようだし、陰でコッソリ会話を聞いていた伊達さんも、何やら神妙な面持ちでした。

 まさか、夏目さんが当時の担当者で、警視庁元副総監だった伊達さんの命令でひよりの父の死の真相を闇に葬ったとか、そんな欝エンドはないですよね。なんとなく嫌な予感がするのは筆者の思い込みであることを祈りたいです。はい。

(文=どらまっ子TAROちゃん)

 

関連記事(外部サイト)