ときめきのダダ漏れが止まらない! ジャニオタ・青木源太アナが本気で狙う「好きなアナウンサー1位」の称号

ときめきのダダ漏れが止まらない! ジャニオタ・青木源太アナが本気で狙う「好きなアナウンサー1位」の称号

日本テレビ アナウンス部の公式サイトより

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あんなにテレビに出ているのか? その理由を、業界目線でズバッと斬る「ズバッと芸能人」。

 今回取り上げるのは、日本テレビの青木源太アナウンサーだ。数年前までは、そのさわやかなルックスである程度知られてはいたのだが、いまひとつ抜け切れていなかった。それが突如覚醒したのが、ちょうど3年前。2015年10月から担当した平日午前の帯番組『PON!』のサブMCに就いた時からだった。

 そこで彼は、以前から時折垣間見せていた「ジャニーズ愛」を爆発! KinKi Kids堂本光一主演のドラマ『銀狼怪奇ファイル』(日本テレビ系)のオープニングで近藤真彦が歌う「ミッドナイト・シャッフル」もいいが、エンディングで流れる堂本光一のソロ曲「僕は思う」も「イイ!」と光一本人の前で強く推し、嵐・櫻井翔と同じ慶応義塾大学に通っていた当時、櫻井が受講したあとのイスに必ず座っていた過去を打ち明け、Hey!Say!JUMPの高木雄也とハイタッチした手を眺めて「この手はしまっておきます」と興奮するなど、アナウンサーの職権を最大限まで行使、いや乱用とも思える「ときめきのダダ漏れ」を毎回発動。

 関ジャニ∞・渋谷すばるの脱退、ジャニーズ事務所退所が報じられたときは、赤いネクタイ、赤いセーターで登場。もちろん渋谷のメンバーカラーで、その決断を見送った。ちなみに「赤」でいえば、「xy」というつづりは、どんな単語であれ、赤色表記にするのがポリシーだとか(Sexy Zoneの「xy」は赤色表記のため)。

 17日に『MUSIC STATION ウルトラFES』(テレビ朝日系)がオンエアされた時には、他局の番組にもかかわらず、自身のTwitterで「ねぇ!King & Prince、シンデレラガールもう歌っちゃったのですか?? ぜんぜっ早すぎるぅ〜!」(原文ママ)とつぶやき、「仕事だから仕方ないけど・・・。家に帰ったら、録画を確認しなきゃ」と、すでに録画済みであることをうかがわせている。

 そんな「本性」が伝わった影響であろう、毎年12月に発表される『好きなアナウンサーランキング』(オリコン)では、15年までランク圏外だったのが、16年9位、そして17年3位と急上昇。 

 思わぬ評判を聞きつけた日テレは、青木アナの売り出しに力を入れ始めた。『PON!』は9月末で終了するものの、10月からの後枠である『バゲット』のメインMCに就任。さらには同じく10月から、ヒロミとともに『火曜サプライズ』のメインMCに抜擢された。

『PON!』から『バゲット』の流れはわかるとしても、もともと『火サプ』の新MCについては、10月からロンドン留学するウエンツ瑛士の後任として、新たなタレントを1人入れ替えれば済む話だった。つまりはヒロミだけでも十分なのである。

 だが、そこに青木アナを入れ込んできたところに、同局の彼への期待の高さが見て取れる。

 現在、ただでさえ『火サプ』には岩本乃蒼、8月から加入した新人・市來玲奈と、同局アナが2人いる。そこにもう1人、新たに局アナが入ることになるのだ。アンバランスさを露呈させてでも、青木アナを入れたいということなのだろうか。

 そんな青木アナ、実はあの桝太一アナと“同期”なのだ。「源太」「太一くん」と下の名前で呼び合うほどの仲なのだが、人気の差は歴然。桝アナは16年末に発表された「好きなアナウンサーランキング」堂々の5連覇を達成し、すでに“殿堂入り”。同期としては、桝アナの活躍に闘志をみなぎらせているに違いない。ただ先に述べた通り、そんな青木アナも昨年の同ランキングではすでに3位につけている。今後の活躍次第では、1位も夢ではないのだ(ちなみに1位はフリーの羽鳥慎一アナ、2位はNHK・武田真一アナ)。

 しかし、もちろん、視聴者の中にはジャニーズアレルギーがあることも確か。売りであったジャニーズ愛を爆発させるほど、避けていく人も多い。つまり彼の最大の武器は、嫌いな理由にもなりかねないのだ。そんな諸刃の剣を抱えた青木源太35歳、彼の快進撃はどこまで続くのだろうか? 

(文=都築雄一郎)

◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから◆

関連記事(外部サイト)