バナナマン・日村勇紀に助け舟続出? “淫行疑惑”報道が早くも鎮火しそうなワケ

バナナマン・日村勇紀に助け舟続出? “淫行疑惑”報道が早くも鎮火しそうなワケ

バナナマン ホリプロ公式サイトより

 9月22日放送の『キングオブコント2018』(TBS系)に、16年前の未成年淫行疑惑で渦中の人となったバナナマン・日村勇紀が出演。報道をめぐり発言に注目が集まる中、大先輩からの“愛あるイジり”が話題を呼んでいる。

“16年前の火遊び”を当時未成年だった女性に暴露され、番組への出演も危ぶまれていた日村。予定通り審査員として参加し、冒頭からさっそくダウンタウン・松本人志に「すごい変な緊張感が。特に今年はまた違う緊張感があるのは、もしかしたら日村さんがいるからかも」と名指しされてしまう。日村は慌てて「みなさん、お騒がせして本当に申し訳ございません」と謝罪。さらに司会の浜田雅功が審査員に意気込みを聞いていく際に日村だけスルーして、松本が「オイッ!」とツッコミを入れる一幕もあった。

 冒頭の“日村イジり”はなおも続き、松本の「まずは日村の点数からみんなでつけましょうか」というコメントにスタジオは大爆笑。ネット上でも「やりにくい空気を大先輩に和らげてもらえて良かったよね」「ダウンタウンが流石すぎるし日村さんの愛されぶりを再確認できた」「今回の報道で現在の日村さんが叩かれるのはおかしいと思ってたから、ダウンタウンの対応見てほんと安心した」といった声が相次いでいる。

「日村の淫行疑惑は16年前の話で、当時未成年だった女性と合意の上だったこともあって早くもトーンダウン。むしろ日村には、同情の声が寄せられる結果に。さらにダウンタウンが番組冒頭で上手く謝罪させる流れを作り、日村が頭を下げたことで『騒動は鎮火した』と捉えるファンも多かったのではないでしょうか。ちなみに日村の相方・設楽統は浜田から審査員としての意気込みを聞かれ、『しっかり審査する目線と温かく見守る目線と、相方も温かく見守る目線でいきたいと思います』と綺麗にまとめていました」(芸能ライター)

 日村の未成年淫行疑惑は、乃木坂46・西野七瀬の卒業発表と時期が被ったことも早期鎮火に役立ったと見る意見も。バナナマンは乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で司会を務めていることもあり、関連性を感じているファンも多いようだ。

「淫行疑惑が最初に報じられたのは9月21日で、西野が乃木坂46からの卒業を発表したのが前日の20日。グループ内でトップレベルの人気を誇る西野の卒業とあって、日村の淫行報道が薄れた感は否めません。時期が重なったのは偶然でしょうが、ネット上には『なーちゃんが日村問題の火消し役になってるの泣けてくる』『冠番組に飛び火するのを避けるために卒業発表して、話題を逸らせた感があるよね』などという声まで出ています」(同)

 過去の問題までほじくり返されるのは人気者の証。大先輩やファンからの期待に応えられるよう、日村には精進してほしい。

関連記事(外部サイト)