X JAPANの新たな伝説的ライブが誕生! 台風影響の“無観客ライブ”にファン大興奮

X JAPANの新たな伝説的ライブが誕生! 台風影響の“無観客ライブ”にファン大興奮

X JAPAN OFFICIAL SHOPより

 台風24号が列島を縦断した9月30日、ロックバンド「X JAPAN」が“無観客ライブ”を実施。ファンからは「X JAPANが新たな伝説を作った」「やっぱりX JAPANはスゲーよ!」と惜しみない賛辞が贈られている。

 無観客でのライブとなったのは、幕張メッセで開催予定だったコンサート「紅に染まった夜」。会場アクセスの要となるJRが台風接近のため同日午後6時頃からの運休を発表し、観客の安全に配慮してコンサートも中止に。X JAPANはファンへの救済措置として、無観客でのライブステージをWOWOWオンデマンドなどで生中継した。

 異例尽くしの展開となったが、台風をものともせずライブを強行したバンドにファンは大興奮。「さすがすぎて涙が出てきた。本当にすごいバンドだよ…」「こんなにファンのことを思ってくれるバンドがほかにある?」「中止になったのは残念だけど、めっちゃ温かい気持ちになれました」「“X JAPAN史”に刻まれるべき歴史がまた誕生した!」といった声が溢れ返っている。

「リハーサル中に中止が決まり、リーダーのYOSHIKIはSNSを通して『悔しくて涙が止まらない。でもみんなの身の安全が第一です』と胸の内を明らかにしました。その直後に代替案として発表されたのが、まさかの『台風の影響による前代未聞の無観客ライブ全編緊急生中継決定』というもの。YOSHIKIは『みんなに元気を与えられるように頑張ります』と宣言し、ライブは無観客状態でヒット曲『Rusty Nail』から幕を開けることに。それでも普段と変わらないステージを見せつけ、モニター越しに見守った多くのファンに感動を与えています」(芸能ライター)

 台風接近という緊急事態でもファンを第一に考えたX JAPAN。最近はYOSHIKIやボーカル・ToshIがバラエティ番組に出演し、アーティストというよりもタレント的な活動が目立つことに。一部では「バラエティに出すぎ」「新作アルバムをずっと待ってるのに」といった批判もあるが、今回の無観客ライブで改めて“伝説のバンド”としての実力を見せつけた。

「YOSHIKIといえば、2017年6月に長年のパフォーマンスで悪化した椎間板ヘルニアのため頸椎を手術。しかし術後の麻酔が冷めた途端スタジオに直行するなど、アーティストとしての情熱は全く衰えず。同年末の『NHK紅白歌合戦』では医師からの“1曲だけなら”という許可のもと、コルセット姿で『紅』のドラムパフォーマンスを見せてファンを興奮させています」(同)

 逆境をもはねのける強さを見せたX JAPAN。次はどんな伝説を打ち立てることになるのか。

関連記事(外部サイト)