King & Prince平野紫耀は、やっぱりジャニーズ内でも別格!? 学校訪問イベントが“厳戒態勢”に

King & Prince平野紫耀は、やっぱりジャニーズ内でも別格!? 学校訪問イベントが“厳戒態勢”に

King & Prince平野紫耀は、やっぱりジャニーズ内でも別格!? 学校訪問イベントが“厳戒態勢”にの画像

 今年5月にリリースされたデビューシングル「シンデレラガール」は発売初週で57万7,000枚のセールスを達成し、その後も、さまざまなメディアに登場するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのジャニーズグループ「King & Prince」(以下、キンプリ)。中でも人気メンバーの平野紫耀は、ほかのジャニタレとは扱いが“別格”のようだ。

 主演映画『ういらぶ。』(9日公開)の、10月30日の学校サプライズ訪問イベントでのこと。

「平野は『ういらぶ。』でヒロインを演じた桜井日奈子とともに、都内の宝仙学園中学・高等学校をサプライズ訪問していました。このイベントは、体育館内に生徒たちが集まる中、2人が後方から登場、生徒たちの間を縫って壇上に上がるというものだったんです。ですが、事前に急きょ、2人が通る通路脇を男子生徒で固める措置が取られ、女子生徒は通路から距離を置いたところに配置されることになりました」(映画ライター)

 なぜそのような対策がとられたのだろうか?

「どうやら、興奮した女子生徒が平野のほうへ飛び出してしまうのを警戒した主催者側の対応とのことでした。同様の“厳戒態勢”は、記念撮影の際にも敷かれたという。平野と桜井が生徒たちをバックに撮影という流れになったのですが、平野の真後ろには男子生徒数人が配置されることに。これにはカメラマンたちから『女子生徒の方が華があるのに』と、ため息が漏れる始末でしたね」(同)

 同じジャニーズでも、『無限の住人』(2017)の木村拓哉や、『ハルチカ』(同)のSexy Zone・佐藤勝利が学校にサプライズ登場するイベントを開催しているが、「女子生徒をここまで近づけさせなかったという光景は見てませんね」(別の映画ライター)とか。

 ジャニーズに久しぶりに現れたスター候補だけに、大切に育てているということだろう。

関連記事(外部サイト)