『下町ロケット』第2期が不発 「敗因は脚本家の変更」とTBSはあきらめムードも

記事まとめ

  • 阿部寛主演『下町ロケット』は「不発だった」とTBSであきらめムードが漂っているそう
  • “戦犯探し”がすでに始まっており、脚本家が変更になったことが“不発”の原因とも
  • 来年には再び池井戸潤氏の原作でドラマ化が予定されている作品があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております