岡田結実の“化けの皮”はがれる? 1月期にテレ朝「金曜ナイトドラマ」で連ドラ初主演

岡田結実の“化けの皮”はがれる? 1月期にテレ朝「金曜ナイトドラマ」で連ドラ初主演

『私のおじさん〜WATAOJI〜』番組公式インスタグラム(@okada_yui_official)より

 タレント・岡田結実が来年1月期にテレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」枠で放送される『私のおじさん〜WATAOJI〜』で連ドラ初主演することが決まり、業界内外では早くも“時期尚早”の声が飛び交っている。

 岡田の芸歴はジュニアモデルがスタートで、その後、バラエティーに進出し、MCを務めるまでに成長。2017年2月公開の映画『傷だらけの悪魔』で女優デビュー。今年3月23日、30日に前後編で放送されたスペシャルドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』(テレビ朝日系)で、いきなり主演。7月期の深夜ドラマ『ヒモメン』(同)で、初めて連ドラにレギュラー出演したが、わずか3作目での連ドラ主演起用には不安が尽きない。

『私のおじさん』は、恋に破れ、働き口もなくし、半ばヤケクソになった女の子・一ノ瀬ひかり(岡田)が、ようやくADとして就職した先は、超過酷なロケで有名なバラエティー番組。途方に暮れるようなAD生活を送る中で、突然目の前に「妖精」を名乗るおじさん(遠藤憲一)が現れる。「妖精」はひかりにしか見えていないようで、四六時中ひかりに付きまとい、励ましの言葉をかけるどころか、ひたすらディスりまくり。ひかりが先輩や上司と話していても、横から何かと口を出してきては、その人たちのことまで文句を言い始める。初めはウザいし、顔怖いし、多分ストーカーだと思っていたひかり。しかし自分が口に出せない心の声や本音、愚痴をズバズバ、ドロドロと垂れ流してくれるおじさんの存在に、徐々に一抹の爽快感を感じるようになる……というストーリーが展開していく。

「深夜ドラマですから、視聴率のことはあまりうるさくいわれないでしょうが、テレ朝の『金曜ナイトドラマ』枠は、民放の深夜ドラマで最も数字が高い枠。ここでかなり厳しい視聴率を出すようなら、岡田の連ドラ主演起用には疑問符がつくでしょうね」(テレビ誌関係者)

 この枠では、これまで岡田と同じオスカープロモーションに所属する武井咲や剛力彩芽が幾度も主演してきており、いわば“準オスカー枠”。岡田では、いかにも、“早すぎる”との印象が拭えないが、低視聴率を連発して、化けの皮がはがれるようなことにならなければいいのだが……。
(文=田中七男)

関連記事(外部サイト)