大原櫻子、戸田恵梨香の“大激怒”エピソードバラすも、「あざとい」「わざわざ言う?」と批判の嵐に

大原櫻子、戸田恵梨香の“大激怒”エピソードバラすも、「あざとい」「わざわざ言う?」と批判の嵐に

大原櫻子公式ホームページより

 女優の戸田恵梨香が、共演した子役たちに厳しく注意をしたということが話題になっている。

 2月4日、戸田は共演の大原櫻子や佐久間由衣、平松恵美子監督と一緒に、都内で行われた映画『あの日のオルガン』(2月22日公開)プレミア上映会に出席。戸田は映画にて太平洋戦争末期の保育園のリーダー的保母さんを演じたが、大原から「整列するシーンで子供たちがふざけてしまってまとまらない時に、恵梨香さんが『うるさい!』と一言いった」と撮影時のエピソードを披露。

 それを言われた戸田が「言い方〜!」と苦笑していると、平松監督も「いやいや、もっとすごかった」と暴露。戸田は「子役の9割が関西の子たちだったので、それにつられて私も兵庫出身なので『うるさいねんっ!』と……。初めて怒りました」と告白していた。

 この戸田の子役に対する注意について、ネットでは「サバサバしてていいじゃん」「叱るのって嫌われる勇気がある人にしかできないと思う」「スタッフでも子役のマネジャーでもなくて主演女優って立場の人がちゃんと叱れるってなかなかできることじゃないと思う」「おこれる大人、いいと思うよ」と絶賛の声が続出。

 しかし、平松監督に関しては「むしろ女優にそういう仕事をさせてしまう現場を恥じねばいけないと思うよ、監督なら」という苦情の声が。そして、公の話で戸田の話を持ちだした大原に対しても「こういう場面で話す大原さんみたいなタイプあざといよね。人の下げネタを言うの」「わざわざそれを言っちゃう大原櫻子……」と批判の声が上がっている。

「たしかにこの“主演女優が子役に注意”話は、イメージ的にどう転ぶかわからないので話すのを迷うネタではありますよね。よほど印象的だったので、ポロッと言ってしまったのでしょうが……。関西出身でトーク上手の戸田さんゆえに、本人が笑い話にしてくれたものの、例えば優しい印象のある綾瀬はるかさんが同じネタを共演者に振られたとして、同じ着地点にたどり着けたかといえばどうか。きっとファンは怒鳴る綾瀬はるかさんというものにショックを受けるでしょうし(笑)。そう思うと、大原さんは今後、気をつけたほうがいいのでは」(映画関係者)

 株を上げた戸田、株を下げてしまった大原。大原は、今後は共演者のエピソードを話す際は内容に気をつけたほうが良さそうだ。

関連記事(外部サイト)