稲垣吾郎の冠番組『ゴロウ・デラックス』が終了!? 地上波レギュラーがゼロになった芸能人たち

稲垣吾郎の冠番組『ゴロウ・デラックス』が終了!? 地上波レギュラーがゼロになった芸能人たち

TBS系『ゴロウ・デラックス』公式サイトより

 今年2月上旬、稲垣吾郎が司会を務めるバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)が終了するという報道が世間を賑わせた。

 2017年にジャニーズ事務所を退所した稲垣は、草なぎ剛や香取慎吾と共に「新しい地図」として再出発。しかし、3人の地上波レギュラー番組は続々と終了することに。『ゴロウ・デラックス』は、稲垣が唯一持っている地上波の冠番組ということで、ファンの支えになっている番組だ。

 今春で番組が終了するというウワサに、ネット上からは「ついにゴロデラも終わるのか。本格的に地上波出演なくなっちゃうじゃん」「どうしてこの番組は解散・退所騒動後も継続できたんだろう? そこを乗り越えたのに、なぜ今終了なのかわからん」「地上波にはこだわらないんでしょ? SNSもやってるし、本人はそっちをしたかったのでは?」などの声が上がっていた。

 今回は稲垣のように、地上波のレギュラーがゼロになってしまった芸能人たちをご紹介していこう。

 

●木梨憲武

 18年3月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了したことで、とんねるずの地上波レギュラーもゼロに。石橋貴明は、翌4月に『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)をスタートさせたが、木梨憲武は今のところ地上波テレビのレギュラーは持っていない。

 そんな木梨だが、映画『いぬやしき』(2018)への出演や芸術活動を本格的にスタートさせるなど精力的に活躍。また18年10月からは、『土曜朝6時 木梨の会。』(TBSラジオ)をスタートさせるなどマイペースに活動している。現在の木梨の姿に、SNSなどからは「ノリさんは多才だから、テレビのレギュラーなくなっても困らないでしょ。自分の好きなように楽しく生きていきそう」「ノリさんはお笑いを続けたいっていう信念なさそうだし、アートとか俳優とかが好きそうだから良いと思う」などの声が上がっていた。

 

●板倉俊之

 お笑いコンビ・インパルスの板倉俊之も、地上波のレギュラーがゼロ。その原因は相方の堤下敦が17年に車に関連した不祥事を2度も起こし、自動的に板倉の仕事も激減したからだといわれている。

 レギュラー番組はなくなったが、板倉は“自虐キャラ”や“腐りキャラ”の才能が開花。バラエティー番組で存在感を発揮し、プチブレイクを果たした。また執筆活動にも力も入れており、これまでに4冊を上梓。多方面で活躍する板倉の姿に、ネット上からは「相方に恵まれなかったけど、板倉はめっちゃ面白いよね」「会ったことあります! 堤下はめっちゃ愛想悪かったけど、板倉さんは笑顔で会釈してくれて手を振り返してくれた」「最近は色々あって、哀愁漂う渋い芸人になったなと思う。腐り芸も面白いし、もっとテレビに出てほしい」といった声が上がっていた。

関連記事(外部サイト)