伊東美咲がついにInstagram開設! “ハワイ”強調で「未来の架け橋」アピールは移住権獲得のため?

伊東美咲がついにInstagram開設! “ハワイ”強調で「未来の架け橋」アピールは移住権獲得のため?

伊東美咲公式ブログより

 大手パチンコメーカー社長と2009年に結婚し、現在は2児の母でもある女優の伊東美咲。そんな彼女が公式Instagramを開設し、大きな話題となっている。

 結婚後、女優業をセーブ。育児中心の生活を送り、ママ雑誌のモデルやブログで近況を報告する程度で、以前ほどの活躍ぶりを見せていない伊東。そんな中、3月3日に新しく公式Instagramを開設したとあって、ファンからは一様に歓喜の声が。

 この日、「3/3日本日は桃の節句ですね。女の子の健やかな成長を祈る年中行事 女性の皆様のより豊かな日々をお祈り申し上げます」と初更新した伊東。「当分の間ハワイからブログと本日から開設のインスタをUP致します」との報告に、「インスタ開設嬉しいです!」とのコメントがリプライに殺到。また「ハワイからの更新を楽しみにしています」「ハワイでの日常が見たい!」といった要望も上がっていた。

 しかし、その一方で、ネットは「ハワイを強調して金持ちアピールですか?」「旦那と不仲で復帰を模索中?」といった批判的な声が上がっており、歓迎されていない様子だ。

「伊東さんの旦那さんは大手パチンコメーカーの御曹司。結婚当初から『金目当ての結婚』『玉の輿婚』と揶揄する声もあった。また、女優業をセーブし子育て中心に生活していますが、付き合うママ友は神田うのさんやセレブ妻ばかり。いい暮らしをしているだけあって、批判的な声が多く上がっているのも事実です」(芸能記者)

 そんな批判的な声が多い中、翌日4日にもハワイの景色とともに「今日も雲一つない青空が広がりました。今夜はバーベキュー。kidsは皆でチーズハンバーグを作りました?? 椰子の木に癒されます。夕暮れ時のハワイ」と更新。批判の声を知ってか知らずか、マイペースに更新を続けるようだ。

 ただ、気になるのは、やたらと“ハワイ”を強調している点。以前であれば、家族で海外旅行に出掛けたとしても、ブログで軽く報告していただけなのだが……。

 これに対し、「もしかしたら、移住を考えているのでは?」と芸能記者は、こう指摘する。

「SNSでやたらとハワイを強調しているほかにも、Instagramのプロフに『未来の架け橋、世界の架け橋』とつづり、連日ハワイの景色画像ばかりが更新しているため、『子どもの教育のために、ハワイ移住も視野に入れているのではないか』といわれています。というのも、芸能人などの有名人なら、SNSでハワイを宣伝すると移住権を取りやすくなるとのウワサもある。Instagramの開設はこのためだともいえますよね。まあ、同じモデル仲間の梨花さんもハワイに移住。子どもとともに悠々自適に過ごしているだけあって、夫の仕事や自身への批判に晒される日本よりも、ハワイに移り、そういう生活がしたいと思ったのかもしませんね」(同)

 Instagramを開設したことで批判が起こっている伊東だが、「念願のハワイ移住のため!」と割り切っているのかもしれない。

関連記事(外部サイト)