開局60周年で全社員に6万円配布! フジテレビ、視聴率低迷でも増収増益のワケ

開局60周年で全社員に6万円配布! フジテレビ、視聴率低迷でも増収増益のワケ

フジテレビ

 近年業績が低迷していたフジテレビが、2019年3月期決算で久々の増収増益となる見通しとなった。18年末以降、社内では2度にわたり金一封が配られたという。とはいえ、視聴率は依然低空飛行を続け、在京キー局では4位が定位置。業績回復の兆しに浮かれてばかりで大丈夫なのか?

「今年3月の開局60周年を記念して、新年早々に金一封6万円が千円札60枚ずつで全社員に配られました。ありがたいことではありますが、収益が上がっているといってもコ ストカットの効果が大きい。まだまだなんですけどね」 と中堅社員。思いがけないサプライズも、喜んでばかりはいられないという風情だ。

 開局60周年記念ではほかに、本社の社員食堂を「ランチ無料開放」と銘打ち、メニューのいくつかを無料で提供。3月中に8回行われる予定で、社員らでにぎわっているという。

「視聴率や業績がいいと金一封が出るのはテレビ局では昔からよくあることですが、フジテレビでは久しぶりです。経費削減が続いて社員もかつてほどの高待遇ではない。ガス抜きの側面もあるのでは?」(業界関係者)

 2月に発表された19年3月期第3四半期の決算資料などによると、通期の連結営業利益予想を325億円に上方修正。昨年3月期は13年同期以来5期ぶりの増益だったが、今年はついに増収増益となる見通しなのだ。

 視聴率が低迷しているのに、なぜ業績が上がるのか? その理由は人件費、制作費などの抜本的な経費削減に加え、映画のヒットが大きい。

 18年に公開した山下智久主演の医療ドラマ『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』は、年間の興行収入が92億円を超え、実写の邦画で歴代5位を記録した。明るいニュースのインパクトは大きかったようで……。

「年末には社員だけでなく関連会社スタッフにまで“大ヒット御礼”の金一封が配られたほどです。数年ぶりに全社的な納会が開かれ、飲めや歌えやのお祭り騒ぎとなりました」(前出関係者)

 カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』も、年間の興収は45億円超。受賞は逃したものの、アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされ、再び話題となっている。これらの増収が直接収益に貢献したかたちだ。

 宮内社長は年頭挨拶で、「残された課題は番組視聴率のアップに尽きます。特にゴールデン、プライム帯の大半を担うバラエティーの復活がカギです」とも話したという。「あとは視聴率だけ」というのが偽らざる本音だろう。

 だが、かつては20%超の大ヒットを連発したフジテレビの看板ドラマ枠「月9」は近年、1桁〜10%前半で推移。現在放送中の関ジャニ∞・錦戸亮主演『トレース・科捜研の男」は平均10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、前クールの『SUITS/スーツ」は同10.8%と、1桁台は脱したかに見えるが、ほかに安定的に2桁の視聴率を取れるのは、嵐が出演するバラエティー『VS嵐』、国民的アニメ『サザエさん』など数本しかない。

 1桁台が常態化する中、フジテレビは8%以上を「ハイシングル」、7.9%以下を「ローシングル」に分けて評価することを打ち出した。

「同じ1桁台でも優劣をつけることを重視したようです。8%でほめられるなら、2桁を狙う気持ちがなくなりそうですが……」(別の業界関係者)

 視聴形態が変わり、昔ほどの高視聴率が出なくなったといえども、他局では20%近いヒット番組も存在する。NHKの人気番組『チコちゃんに叱られる!』をフジテレビ子会社が制作しているのは有名な話。ベテラン社員が「番組作りの力だけでなく、持ち込まれた企画を見極める力までも下がってきている」と嘆く中、視聴率の浮上はいつの日か……。

関連記事(外部サイト)