フィギュア・宇野昌磨、石川県民相手に毒舌!? 石川県に「印象は特にない」発言に賛否の声

フィギュア・宇野昌磨、石川県民相手に毒舌!? 石川県に「印象は特にない」発言に賛否の声

宇野昌磨公式サイトより

 天然キャラクターで知られるフィギュアスケーター・宇野昌磨選手が発した、ある“正直過ぎる”発言が波紋を呼んでいるという。

 宇野選手は3月28日、29日から開催のアイスショー『スターズ・オン・アイス』出演者の記者会見に出席。この公演は4月に石川県金沢市で開催されるということで、ITC石川テレビの記者が宇野選手に「石川県で楽しみにしている食べ物は?」と質問。すると宇野選手は「正直に言わせていただくと印象は特にない。めっちゃ失礼ですけど、食事にも興味はありません」とバッサリ。あまりの正直ぶりに、現場では報道陣から笑いが起きたとのことだった。

 この宇野選手の発言を受け、ネットでは「まぁね、スケートで頭いっぱいだよね」「お世辞とかお愛想とか、関係ない世界で生きてるのね」といったフォローの意見もあったものの、大多数は「ひど!」「大人なんだからそう思っていても口にだしちゃダメよ」「素直な気持ちなんだろうけど、さすがに石川県の人に失礼では?」と率直過ぎる発言を疑問視する声が。また実際、石川県民と思しき人からの「石川県民ですが ちょっと凹む」「昌磨さん……大丈夫! 石川県の印象薄めなの県民も気付いてる?? 元県民より」という意見もあるなどし、石川県のファンが少なからずショックを受けたのは間違い無さそうだ。

 宇野選手といえば肉しか食べない“超偏食”。また海外公演に行っても観光はせずにホテルでずっとゲームをしているなど、好きなものや好きなことにかなり偏りがあることを公言している。それゆえ、フィギュア関係者はこの宇野選手の発言を「想定内です」と語る。

「彼なりの気遣いで『めっちゃ失礼ですけど』という言葉を添えているなど、決して石川県の方を傷つけるつもりではないのはわかります。しかし、もう良い大人なのですから、ここまで正直に言うべきではないですよね(笑)。例えば今回なら『何がおいしいんですか?』と質問を返すなどのテクニックを教えるなど、宇野選手のスタッフはもう少し彼の受け答えの教育を施したほうがいいのでは」

 宇野選手といえば、水泳の池江璃花子選手が白血病を公表した際に、記者からコメントを求められ、“ケガや病気は人が思ってるよりも自分が1番苦しい”などとして池江選手を気遣いながら、白血病に対して自身は「無知な状態」とした上で「何か発言できるほど何も知らないですし、僕はその権利はないと思います」と語り、その対応が大絶賛されたことが記憶に新しい。

「羽生結弦選手のケガについて教訓を得たか聞かれた際、『人のケガをしたところを見てそういうことは考えてはいけない。答えたくもない』と怒るなど、宇野選手は人柄の良さや正義感に定評がある人物。まだ若いので配慮や言葉足らずな部分はありますが、そこは経験で学んでいってほしいですね」(同)

 もう少しサービス精神を持てるようになれば、鬼に金棒かも!?

関連記事(外部サイト)