山田優の弟・山田親太朗が一軒家カフェをオープン! 資金は義兄・小栗旬の懐から捻出か

山田優の弟・山田親太朗が一軒家カフェをオープン! 資金は義兄・小栗旬の懐から捻出か

山田親太郎公式Instagramより

 タレントの山田親太朗が一軒家カフェをオープンさせていたことが「週刊女性」(主婦と生活社、2019年4月16日号)で報じられ、話題になっている。

 記事によると、親太朗は昨年末に都内の一等地で駅から15分ほどのところに、空き家を改装したカフェをオープンさせたといい、姉の山田優や両親が足しげく通っているとのこと。店は個室があり、カラオケもできるようになっていたり、インテリアが沖縄風であったり、メニューもタコライスやオーガニックドリンクもあるなど個性的。優がアドバイザー的な存在となって弟の新事業を応援しているという。また、賃料が1カ月60万円と高額であるとのことも、関係者の証言で明かされた。

 この記事を受け、ネット上では「絶対に利益出せんやろ。死ぬほど混んでもきつそう」「カフェなのに賃料だけで月60万。それ以外に光熱費や人件費などの諸経費が上乗せされるよね。どれだけ売り上げがある予定なんだろう。赤字OKの趣味の店と割り切ってるのかな」「席料とるならまだしも、カラオケなんか始められたら、回転率悪くなるし、逆効果だよね」といった驚きの声が続出していた。また、親太朗が優や、優の夫である小栗旬に出資金などを頼っているのでは? といった臆測も飛び交い、「姉と義兄が芸能人だから何とかしてくれるって甘えが見え透いてもうダメ」「弟、仕事ないからな。姉夫婦におんぶにだっこでいいですな」「山田優も面倒見良いし、小栗旬の懐の深さよ……!普通はなかなかできない事だと思う」といった声が上がっている。

 親太朗といえば昨年5月19日に出演した『有吉反省会』(日本テレビ系)にて、住む家を失い、姉夫婦の家に世話になっていることを告白し、話題に。番組では「お姉ちゃんたちが、喉が乾いてそうだったら、すぐコンビニに走ります。小栗さんがタクシー呼びたそうだったら、“呼んできました”って」など気を遣って立ち回っていることを報告。夫婦の子どもたちの面倒も見ているとのことで、MCの有吉弘行に「大事なところ押さえているんだな」と感心されていた過去があるが……。

「その“愛され力”でカフェのオーナーになれてしまったんだから、大したものですよね。業界では、このカフェは小栗家の節税対策の一環だろうと推測されているのですが、確かに1カ月の家賃は高く感じます。あまりに赤字が続くと、早々に潰れてしまうのでは」(芸能事務所勤務)

 持ち前の“愛され力”で、太い常連客をたくさん捕まえることができたらいいのだが……。

関連記事(外部サイト)