福田萌の有料オンラインサロンが心配! 「オリラジ中田の嫁」の肩書だけで会員は集まるか?

福田萌の有料オンラインサロンが心配! 「オリラジ中田の嫁」の肩書だけで会員は集まるか?

「福田萌のママズオンラインサロン」より

 オリエンタルラジオ・中田敦彦の妻で、2人の子どもを育てるママタレの福田萌が、今月から有料オンラインサロン「福田萌のママズオンラインサロン」を開設した。

 月額500円の同サロンは、「ママのためのくつろげる場所」を目指し、福田が主宰者となって掲示板で交流したり、定期的なオフ会を行っていくというもの。匿名やハンドルネームでの参加もOKとのことだが、「相手の意見を否定しない」という1つのルールが設けられている。

 なお、夫の中田は、1年ほど前から音楽ユニット・RADIO FISHのファンサロン「UNITED」と、月額5,980円で中田の生配信などが見られるビジネスサロン「PROGRESS」を運営。その活動を見ていた福田は、「逆に閉じた環境だからこそ、それぞれの個性を発揮して、やりたい部活動に励んだり、議論を活発にしてみたり、SNSで書いたらきっと炎上しちゃうような本人の本音が聞けたり(笑)、と、とても密なコミュニケーションができる場所」(福田の「note」より)と感じ、自身も始めることにしたようだ。

 しかし、ネット上の女性からは「福田萌にマウンティングされそう」「学歴ないから見下されそう」「トラブルになっても『たかだが500円でガタガタ言うな』って言われそう」「福田萌のネームバリューで、人集まるの?」「福田萌の魅力って何? 信者いるの?」「旦那の露出が減ってきたから、お小遣い稼ぎしたいのかな」といったネガティブな声が多く見て取れる。

 福田といえば、『ラジかるッ』(日本テレビ系)のお天気お姉さんとしてブレークするも、“腹黒キャラ”に転身。出産後は、著書『福田萌のママ1年生日記。』(扶桑社)を発売するなどママタレとして注目されていたが、2015年にテレビ番組で「私たち夫婦は、自分の力で学歴をつかみ取ってきたという誇りがあります。親が用意してくれた道を歩んだわけではなくて、努力の証明書として学歴がある」と夫婦の学歴を自慢するような発言をし、大炎上。どうやら、このイメージが現在まで尾を引いているようだ。

「最近は、キングコング・西野亮廣の有料オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』の大成功の影響で、芸能界にもオンラインサロンブームが起きつつある。しかし、成功するのはほんの一握り。福田のオンラインサロンには、すでに何人か入会者がいるようですが、3ケタ集まるかどうか……。現状、『オリラジ中田の嫁』以外の売りがない福田だけに、閑古鳥が鳴かないか心配です」(芸能記者)

 人が集まらないオンラインサロンは悲しいもの。今後、「福田萌のママズオンラインサロン」をひっそりと見守っていきたい。

関連記事(外部サイト)