山本里菜「ドヤ顔同棲」、古谷有美「人としてあるまじき過ち」……TBS女子アナ熱愛スクープ連発の裏側

山本里菜「ドヤ顔同棲」、古谷有美「人としてあるまじき過ち」……TBS女子アナ熱愛スクープ連発の裏側

山本里菜公式Instagramより

 TBS日曜午前中の人気番組『サンデー・ジャポン』の司会が好評な入社3年目の山本里菜アナに、熱愛が発覚した。

 4月下旬のある日、イケメン男性の運転する真っ赤なベンツのオープンカーでのドライブデートを楽しむ場面が、週刊誌にバッチリ捕らえられてしまったのだ。

「イケメン男性の正体は外資系金融会社勤務のエリート。すでに2人は、都内のマンションで同棲生活を送っているといいます」(芸能記者)

 5月19日の『サンジャポ』で爆笑問題の太田光らにイジられまくるに違いないが、これに頭が痛いのはTBSだろう。吉田明世アナ、宇垣美里アナと、人気の女子アナが次々に退社し、エース級の女子アナの育成が急務のTBSは、その筆頭候補として山本アナに期待を寄せていたからだ。

「発言が話題になりやすい『サンジャポ』への起用はその現れ。しかし、真っ赤なベンツのオープンカーでのドライブ、高級マンションでの“ドヤ顔同棲”となると、もはや視聴者に親近感を抱いてもらうのは難しい。出世レースから早くも脱落した、といってもいいでしょう」(番組関係者)

 では、ほかにエース足りえる女子アナはいるのか?

「退社した吉田アナと同期の古谷有美アナもエース候補の一人でしたが、こちらは大金持ちのIT社長との手つなぎ京都小旅行がキャッチされたばかり。その前には、ラジオの生放送に遅刻するという失態もありました。本人は『人としてあるまじき過ちをおかしてしまいました』と大げさに謝罪しましたが、今考えると、この彼氏とよろしくやっていたせいで遅刻した可能性は高そうです。上層部の信頼を大きく失っていますね」(番組関係者)

 それにしても、TBSのエース候補ばかりにこうも熱愛スクープが相次ぐのは、何か理由でもあるのか?

「これは、TBSの求心力が落ちている証し、ガバナンスの緩みの証しではないでしょうか。TBSは本来、局アナが担うべき看板番組の主要ポストを、夏目三久やホラン千秋などの外部のキャスターに任せることが多く、女子アナたちはフラストレーションを抱えてきました。7月からはテレ朝を退社した小川彩佳アナが『NEWS 23』のキャスターに就任することも決まっていて、その傾向はさらに強まります。プライベートを犠牲にしてまで仕事を頑張っても、いいポストに就けないのなら、恋も自由に楽しんで腰掛女子アナライフを楽しみ、場合によっては退社してフリーになればいいという、そんなタイプが増えているのかもしれません」(同)

 また、こんな指摘もある。

「山本アナ、古谷アナの熱愛発覚は、ほぼ同じタイミング。しかも、同じ媒体です。2人のごく近しいところ、つまりTBS内部からの情報のリークがあった可能性も指摘されています」(芸能記者)

 TBS女子アナの負のスパイラルは止まりそうもない。

関連記事(外部サイト)