飯豊まりえ、芸能界入り理由に無理がある!? ゴリ押し開始で“第二の川栄”となるか?

飯豊まりえ、芸能界入り理由に無理がある!? ゴリ押し開始で“第二の川栄”となるか?

飯豊まりえ公式Instagramより

 5月17日放送の『アナザースカイII』(日本テレビ系)に女優の飯豊まりえ(21)が出演。9歳で芸能界入りした理由や芸能活動の葛藤を涙ながらに語ったことが話題となっている。

 飯豊は2008年、小学生の時にモデルデビューし、2012年の14歳の頃から女優業も開始。しかしけっして順風満帆にここまで来たわけではなく、18年4月放送の『花のち晴れ〜花男Next Season〜』(TBS系)にヒロインのライバルであるメグリンこと西留めぐみ役にてやっと世間に認知された感がある。飯豊本人もテレビにて自分の力の無さに落ち込むこともあったと語り、「この道を諦めた方がいいのかなと思った時もあった」と発言。また、芸能界を目指した理由については両親だと明かし、インドア派の母を外に連れ出したいという思いから9歳で芸能界デビューしたとも明かしていた。

 放送後、ネットでは「理由が本当なのか疑ってしまう自分がいる」「9歳で親を連れ出したいで芸能界入り?なんだか腑に落ちない」「あとからこじつけたような理由だね。芸能人になりたかっただけでしょ」「自分が芸能界に入りたかったくせに母親のせいにするなんていやな娘」というツッコミの声が殺到。また、飯豊が所属する事務所がエイベックス・マネジメントであり、先日授かり婚を発表した川栄李奈と同じであることから「川栄の発表と同時にアナザースカイと過去インタビューとか、推しに推されてる感しかありませんよ!」「これから大変だろうね。黒木メイサが勝手に結婚したあとの堀北真希状態だろうね」と、今後ゴリ押しされるのではという推測の声が上がっていた。

「ネットでは飯豊さんがブレイクに時間がかかったのかは、実力がないというよりは顔立ちが素朴だからではないかという声が続出していました。たしかに演技はうまいのですが、決して美人で華があるタイプではなく、どちらかというとけなげでかわいらしいタイプなので、業界でも主役ではなく脇役が光るタイプだと言われています。とはいえ、川栄さんが年内から産休に入るので、今後は飯豊さんが川栄さんに来るはずの仕事をガンガンこなしていくだろうと言われていますので、露出は多くなるでしょうね」(テレビ局勤務)

 あまりにも事務所にゴリ押しされすぎると、逆に世間から嫌われてしまうという可能性もあるので、うまくやってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)