有村藍里、“Hカップの有村架純”登場でタレント生命の危機!?

有村藍里、“Hカップの有村架純”登場でタレント生命の危機!?

有村藍里 公式Twitter(@arimuraairi)より

 女優・有村架純の姉でタレントの有村藍里が5月17日に放送された『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演。話題となった整形手術の舞台裏に言及した。

 MCの上沼恵美子に対し藍里は、「笑うと歯ぐきが見えるとかいろいろあったんです。ずっと嫌でした」と口元にコンプレックスがあったことを告白。さらに手術内容については、「口を開けて上唇と下唇を切って。頭蓋骨を6分割し、上あご、下あごを一回、外した。中でバラバラにして奥に3ミリほど下げた」と大手術だったことを明かし、手術費用が約400万円かかったことを伝えた。

「手術後は、妹の架純と見た目がかなりそっくりになり、『可愛くなった』と好評でした。手術の甲斐あってか、18日には国内最大級のファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER』に出演。本番では堂々としたモデルウォークを披露し、ネット上では称賛の声が飛び交いました。最も、藍里の需要といえば、何よりグラビア。これまでセミヌードなどかなり攻めたグラビアに挑んでおり、“架純が脱いだらこんな感じ”を楽しみたい男性たちの期待に応えてくれるのであれば、オファーは殺到するはず。しかし、姉のプライドからか、それとも妹に迷惑をかけたくないのか、手術後はグラビア仕事を封印するようになってしまった」(週刊誌編集者)

 そうこうしているうち、藍里には強力なライバルが登場。その存在に焦ったのか、5月27日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で封印を解き、ランジェリー姿で美ボディを披露した藍里だが、では、そのライバルとはいったい誰なのか。

 

「5月7日のバラエティ番組『ものまねグランプリ特別編』(日本テレビ系)に“有村架純のそっくりさん”として出演した新人グラビアアイドルのちとせよしのが大反響を呼んでいます。彼女は架純に激似なのはもちろん、バスト100センチという爆乳の持ち主。『Hカップの有村架純』とのキャッチコピーで、このほど週刊誌のグラビアにも登場するなど、推定Dカップの藍里はおろか、なんなら架純の上位互換となっています。こちらは架純への遠慮は要りませんから、“架純が脱いだら……”の仕事は全て、ちとせが持っていくことになるでしょう」(同)

 最近はAKB48・矢作萌夏が「Fカップの広瀬すず」のフレーズで人気が急上昇している。どうやら今後は「〇カップの〇〇〇〇」が、新人を売り出す時のトレンドになりそうだ。

関連記事(外部サイト)