「かたおもい」が紡ぐ色とりどりの景色――ドラマ『パーフェクトワールド』第6話

「かたおもい」が紡ぐ色とりどりの景色――ドラマ『パーフェクトワールド』第6話

フジテレビ系『パーフェクトワールド』ドラマ公式サイトより

(これまでのレビューはこちらから)

「かたおもい」が紡ぐ色とりどりの景色――ドラマ『パーフェクトワールド』第6話

 小泉今日子が、ヒット曲「木枯しに抱かれて」で、「せつない片想い あなたは気づかない」と歌ったのは1986年のことだ。

 この曲に限らず、「片想い」のつらさ、切なさは、これまで幾多のドラマや歌で取り上げられてきた。相手に自分の想いが伝わらない苦しさには、多くの人が共感し、ドラマチックな物語が生まれる。人が人に恋をする限り、「片想い」は、永遠のテーマなのかもしれない。

 ドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)第6話。今回は、いくつもの片想いが交錯する、切なさに溢れた展開となった。

 

帰郷を決意するつぐみ

 樹(松坂桃李)に別れを告げられた夜、つぐみ(山本美月)を待っていたのは、父・元久(松重豊)が倒れたという知らせだった。つぐみと、妹のしおり(岡崎紗絵)、幼馴染みの是枝(瀬戸康史)の3人は慌てて地元・松本に帰った。

 幸い、元久の容態は深刻なものではなかったが、以前から心臓が悪く、病院にかかっていたことを知らされる。樹との別れ、父親の病気、思い悩んだつぐみは、松本に帰ることを決意する。

 東京の会社を辞め、松本行きのバスに乗るつぐみ。それを知った樹は、バスターミナルまで見送りに行く。そこにいたのは、見送りをすませた是枝だった。樹は間に合わなかったのだ。是枝は樹に、「間に合わなくてよかった。会ったら迷ったかもしれない」と話す。そして、「近い将来、つぐみにプロポーズする」とも告げる。

 部屋に戻った樹は、喪失感に苛まれる。つぐみと別れたことが正しかったのか? 間違っていたのか? そこにやって来たのは、ヘルパーの長沢(中村ゆり)だった。二人が別れたことを聞き、彼女は涙を流す。

 長沢のこの涙は、どんな涙だったのだろう? 

「つぐみが現れてから自分の居場所がなくなった気がしていた。ずっと樹が好きだった」そう告白する長沢。10年、長い長い片想いだ。その想いの果ての、「邪魔者がいなくなった」という喜びなのだろうか? 「自分がまた樹のそばにいられる」という安堵なのだろうか? いずれにせよ、そこには、「片想い」の切ない気持ちが溢れていたのは間違いない。

 そして、このシーンには、もう一つ片想いが隠れている。長沢が結婚した相手だ。長沢は、「樹のことを忘れるために結婚した」と言った。でも、夫になった人は、長沢のことを本当に愛していたのではないだろうか。「結婚」という、ある意味、恋愛の成就を迎えてもなお、彼は片想いをしていたことになる。そんなことにも思いを馳せて、より切なくなってしまうのだ。

 東京と松本、距離が離れたこともあり、つぐみと樹は完全に別れを受け入れる。スマホの連絡先を削除し、心にけじめをつける。「今風の別れだな」と思う。

 数カ月後、しおりと晴人(松村北斗/ジャニーズJr.・SixTONES)は図書館で偶然に再会する。そして、お互いの話していた、「姉」と「同僚」がつぐみと樹であることを知るのだ。「運命じゃない?」と言う晴人に、しおりは答える「私、好きな人いるの」。

 しおりの好きな人――それはやはり、是枝なのだろうか。ドラマの後半で、「是枝の想いが報われてよかった」と話しているシーンもあるし、晴人に対して「恋人」ではなく、「好きな人」と言っているのもポイントだ。しおりに想いを寄せる晴人、そして是枝に恋をするしおり、ここでもまた「片想い」が、交錯する。

 松本に帰っても、是枝のつぐみへのアプローチは続いていた。ある日、つぐみと一緒に東京でミュージカルを観た是枝は、改めてプロポーズをする。まだ迷いを口にするつぐみに、是枝はそっとキスをするのだ。

 そのシーンを偶然通りかかった樹が目撃する。複雑な感情を抱いたことだろう。もしかしたら、まだつぐみに想いが残っていて、片想いのような気持ちを抱いたかもしれない。

 このような偶然が重なる展開に、“出来すぎ”との声があるかもしれない。しかし、私は、ドラマでの偶然は、いくらあってもいいと思っている。日常なんて、そんなに変わったことは起きない。ドラマであるからこそ、出来すぎた偶然や奇跡が起こり、見るものを楽しませるべきだろう。

 その頃、つぐみは、松本でインテリアコーディネーターの仕事を始めていた。そして、高木(山中崇)と、彼の妻・楓(紺野まひる)に出会う。楓は、進行性の病気で入院しており、車椅子での生活になるとのことだった。「楓のために家を建てたい」という高木と、「無理をしないでほしい」という楓、二人の優しさがすれ違っていく。

 そんな時、楓が病院からいなくなる。高木とともに病院の外を探すつぐみ。見つけたのは近くの河原だった。楓は高木に言う「自分のせいであなたが不幸になるのが耐えられない」。そんな姿が、別れを切り出した時の樹と重なる。「別れちゃダメ」、そう言うつぐみは、樹との別れを後悔しているようにも思えた。

 ちなみに今回、高木がいなくなった楓を見つけた河原は、1996年のドラマ『白線流し』(フジテレビ系)でも使われた場所だ。私も含め、懐かしさを感じながら見た人もいるのではないだろうか。

「お前の夢を叶えることが俺の夢」そう言い切る高木の言葉にうなずき、涙を流す楓。抱きしめ合う二人の姿を見て、つぐみは何かを決意する。そして、東京へ行き、樹の会社を訪ねる。久しぶりの再会に、またさまざまな想いが交錯することだろう。

 片想いが連鎖している場合、誰もが想いを遂げるということはありえない。ただ、例え想いが伝わらなくても、誰かを好きになったという気持ちは、決して無駄にはならない。そこで見える景色は、きっと輝いているはずだから。

 このドラマは、見ているといろんな人に感情移入してしまう。昔感じた切なさを思い出しながら、また新たな展開を待つことにしよう。

(文=プレヤード)

関連記事(外部サイト)