『おじゃMAP!!』企画復活もフジではなく……SMAP解散から2年半も忖度続けるテレビ局の異常さ

『おじゃMAP!!』企画復活もフジではなく……SMAP解散から2年半も忖度続けるテレビ局の異常さ

香取慎吾

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が2日、ネット番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)に生出演。SMAPの大ファンだという新婦とその母親を喜ばせるため、一般人の結婚式にサプライズ登場した。

「結婚式のサプライズ企画は、昨年3月に終了した『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)の人気企画で、過去にはSMAPが5人でサプライズしたことも。今回は、3人が変装して式場に潜入し、フラッシュモブに挑戦したり、3人の持ち曲を披露。新婦は涙を流して感激していました」(芸能記者)

 3人は「新しい地図」としてのグループ活動のほか、ソロ活動も順調に見える。稲垣吾郎は声優を務めたアニメ映画『海獣の子供』が7日から封切られるほか、8月からは主演舞台がスタート。香取慎吾も先月に個展を開いたほか、28日公開の白石和彌監督映画『凪待ち』で主演を務める。草なぎ剛も今月、主演舞台『家族のはなしPART I』の上演が終わったばかりだ。

「SMAP解散から2年半がたっても、3人のテレビ出演は稀。各局のジャニーズ事務所への忖度は続いており、もちろんテレビのレギュラー番組はありません。今回のように『おじゃMAP!!』の人気企画を復活させるのも、本来ならフジテレビが行うのが自然。それを諦めざるを得ない状況だからこそ、ネット番組で行ったのでしょう。テレビ局がやっていることは、実にくだらないですね」(芸能記者)

 今回の結婚式企画を受け、ネット上では「この3人、まだSMAP続けてるんだ」「本当は3人が抜けたのに、SMAPから中居正広と木村拓哉が脱退した感がすごい」「なんでアイドルを続けるのか?」という声も目立つ。

「広告起用を考えると、SMAPの匂いを残しておいたほうが絶対にお得。『トリオでも、コンビでも、ソロでもいけますよ』という状態は企業案件にはまりやすく、直接売り上げにつながる。例えば、今年から3人で出演しているドラクエのCM(スクウェア・エニックス『星のドラゴンクエスト』)がいい例。ドラクエといえば、2000年から2012年にSMAPがCMキャラクターを務めてきましたが、企業が選んだのはジャニーズに残った中居や木村ではなく、SMAPの匂いを漂わせる『新しい地図』のほうだったということ」(同)

 中居や木村のCM契約数が激減する一方で、「数字選択式宝くじ ロト&ナンバーズ」「サントリーオールフリー」「ファミリーマート」など、数々の広告キャラクターを務める「新しい地図」のメンバー。SMAP時代と同じような活動を続けることの旨味は、想像以上に大きいようだ。

関連記事(外部サイト)