ジャニーズ・エンタテイメント事業終了でKinKi Kidsタブー「どっち派論争」が再燃!?

ジャニーズ・エンタテイメント事業終了でKinKi Kidsタブー「どっち派論争」が再燃!?

ジャニーズ・エンタテイメント事業終了でKinKi Kidsタブー「どっち派論争」が再燃!?の画像

 ジャニーズ・エンタテイメント(JE)が5月31日で事業を終了することを文春オンラインが報じるや、ジャニーズファンは騒然とした。

 中でも一番強い反応を示したのはKinKi Kidsのファンで、Twitter上には以下のようなコメントが続出していた。

「JE今日で終了なのかぁ キンキのCMも、JEならではの演出だったんだと思うと、懐かしいし寂しいな。これからもキンキの世界観はずっとそのままでありますように」

「JEはキンキのために出来たようなとこだから、なんだかさみしい」

「え、JEなくなるの? KinKi Kidsどうなるの すげー怖い 嫌なことばっか頭に浮かぶんだけど…」

「JE事業終了って何…キンキのレコード会社どうなるの…剛さんの個人レーベルどうなるの…JEのキンキさんのCM好きだったのになぁ」

 ファンの間では「ジェイ・ストームがなくなる」など、さまざまな誤解が飛び交っていたが、実際には、今後はジェイ・ストームがJEレーベルの事業を引き継ぐということのよう。

 とはいえ、具体的な変更点は見えていない。また、もともとJEの稼ぎ頭であるKin Ki Kidsが、現在は堂本剛の突発性難聴などの病状により音楽活動を大幅にペースダウンしていることもあり、今後の活動にどのような影響が出るのか、不安を抱くファンも多いようだ。

 ところで、JE発足のきっかけともなったジャニーズ事務所の特別な存在・KinKi Kidsに関して、先頃、ヒヤッとするような出来事もあった。

 それは、5月22日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)3時間スペシャル。番組内では、渡辺直美と同年代の1987年生まれの女性たちが語り合う「直美タメ会」が開催された。

 メンバーは、渡辺のほか、元女子柔道選手の松本薫、高橋メアリージュン、元モーニング娘。の辻希美、ニューヨーク在住のシンガー・TiA、1歳違いで特別参加した元バレーボール選手の木村沙織である。

 そこでは、同年代あるあるの話題のひとつとして、多くの女子が憧れたKinKi Kidsをテーマに、堂本光一と堂本剛のどちらが好きだったかという会話が繰り広げられた。

 番組では松本を除いた全員が剛派で、渡辺はすかさず「今はどっちも大好き。当時、子どもだから王子様系よりワイルド系が好きだった。自分が大人になってきたら、王子様系の光一さんが好きになる」とフォローしたが……。

「こんな話題、テレビで扱っていいんだと驚きましたし、ちょっと青ざめました」と話すのは、あるスポーツ紙記者。

「光一派」「剛派」というのは、実際にかつて若い女の子の間で盛んに議論された話題だった。しかし、当時は雑誌の「恋人にしたい」アンケートや人気投票で選ばれるのは、もっぱら剛ばかりだったという。

「歌唱力も演技力も、剛くんが抜きんでていましたし、今ではダンスといえば光一くんのイメージが断然強いですが、初期はダンスも剛くんのほうがしなやかさで、リズムにピタリとハマる巧さがあったんです。でも、KinKi Kidsは基本的に2人ともスターで、優劣をつけるのは事務所的に絶対にNGでした。まして光一くんは『王子』ですから、テレビで優劣をつけるようなことをやってしまっていいのか、事務所チェックはなかったのかと不安になったくらいです」(同)

 しかも、番組放送中からTwitterでは「剛派」がトレンド入り。

「わかる! KinKi Kidsどっち派論争 確かに剛派が多かった!」

「うちの学校は剛派大多数、光一は少数だったよw」

「剛派 光一派とか言うけど ほとんどの大半、剛くんの割合が多い」

「剛派が圧倒的だった」

「おそらく当時の小学生組は剛派一辺倒やったんかな?」

など、「剛派が多かった」とするコメントが続出していた。

 しかし、この話題に対していい気持ちがしないのは、KinKi Kidsファン。「剛派」「光一派」論争は、実はKinKiファン同士というより、普通の女の子たちの間で無邪気に交わされた会話であって、ファンにとってはかなりデリケートで、タブーな話題なのだ。

 そのため、Twitter上では「私は堂本派!」「私はKinKi派!」「私はftr(2人。光一と剛のこと)派!」という主張が多数見られた。

「光一君の『二人組って、比べられるんですよ』は10代頃既に悟った事だろうな。デビュー前からずっと『どっち派』で言われ続け、剛君からも『光一派とか剛派とかしょうもないことはやめてください。シンプルにKinKi Kidsを愛して下さい』と(原文ママ/以下略)」といった声もあった。

 また、この話題がタブーな理由には、別の事情もあると、女性週刊誌編集者は言う。

「光一君のファンは熱量が非常に高く、ごく一部には剛君の一挙手一投足を執拗に追いかけて、日々アンチし続けているような人もいます。どちらも褒めている文章であっても、2人を比較する表現があるだけで、クレームの電話がかかってきますし、光一君個人の活動を取り上げる記事の中にKinKi Kids2人の写真が掲載されているだけで、怒りの手紙が来たこともありました。業界ではかなり有名ですから、『今くら』の無邪気な論争を見て、冷や汗をかきましたよ(苦笑)」

 トップの世代交代やウェブでのタレント写真の解禁を含め、大きく変わろうとしているジャニーズ事務所。しかし、事務所の体制だけでなく、ファンの扱いなど「引き継ぎ」が必要な問題はまだまだ山積している。

関連記事(外部サイト)