工藤静香「画像加工に抵抗」との強気発言に、大ブーメラン! “加工の定義”を間違えている疑惑が浮上!

工藤静香「画像加工に抵抗」との強気発言に、大ブーメラン! “加工の定義”を間違えている疑惑が浮上!

オールナイトニッポン公式ホームページより

 6月14日、工藤静香が『工藤静香のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に出演。番組内での、“写真加工”についての発言が話題を呼んでいる。

 工藤は「私、何を加工って言ってるのかな? と思ってたの」「インスタとかもそうですけれど、色を変えたりすることを加工だと思ってた」と発言。さらに「目を大きくしたり、鼻をなんとかしたりとかでしょう?」と最近の加工事情について触れ、「なんか嫌だ。ちょっと嫌です、加工は」と、加工に抵抗があることを示した。

 さらに、自身のレコードジャケットを撮影した際、スタッフが良かれと思い、工藤の顔をふっくらさせていたが、元に戻してもらったことがあるというエピソードを披露。頬がこけていると老けて見えるから、との理由だったようだが、「気遣ってくれるのはありがたいけど、私の今の顔だから、老けても何でもいいから戻してって言って戻してもらったことがある」と発言。さらに、加工が当たり前というのが主流になっていることについて「すーごい、嫌かも。でもそんなのね、ビデオとか撮ったら隠せないわけだから分かっちゃうわけじゃないですか」と語っていたのだった。

 この工藤の発言に対し、ネット上では「いやいや、あなたインスタでも肌色や皺飛ばしのフィルターはバリバリかけてるでしょ?」「少しぐらい修正しといた方がお目汚しにならない、という謙虚さもないのか 」「アプリよう使わんだけだろ(笑)」「これ石田ゆり子が言ったら共感されそうなのに やっぱり何を言うかじゃなくて誰が言うかだなあ……」というツッコミから、娘でモデルのKoki,に関して「娘の加工しまくってるじゃん(笑)脚伸ばしまくって小顔にしまくるやつ」「娘とは考えが違うんですね」という声、さらには夫の木村拓哉に関して「旦那は靴を加工してるだろ」「シークレットブーツはセーフ?」といった声が上がっていた。

 Koki,といえば、5月3日にシャネルの『Cruise 2020 collection』でランウェイデビューを果たしたが、外国人モデルと並ぶと顔の大きさや脚の長さでスタイルの悪さが際立つと話題になったばかり。さらに、自身のインスタグラムでたびたび全身写真をアップしているものの、投稿写真によって頭身が違うため、根強い加工疑惑が持ち上がっているのだ。

「工藤さんが指す“加工”とは、目や鼻、顔の形や大きさを変えるということのみで、肌のシワを消すことや脚を伸ばすことは加工に入っていないのかもしれません(笑)」と語るのは、芸能事務所関係者。

「工藤さんが3月3日にインスタグラムにアップした写真などは、明らかに加工といっても差し支えないお肌のツルツルぶりでした。Koki,さんの足長加工疑惑のこともありますし、あんまり言うとブーメランになって自分に返ってくるのでは?」(同)

 加工を施している芸能人のお仲間も多い昨今、あまり角が立つことを言わないほうがいいのでは?

関連記事(外部サイト)