宮迫博之の謹慎処分には”予兆”があった!『体育会TV』大幅カットに加え、暴露本の動きも!?

宮迫博之の謹慎処分には”予兆”があった!『体育会TV』大幅カットに加え、暴露本の動きも!?

宮迫博之

 雨上がり決死隊・宮迫博之がさらなる窮地に追い込まれそうだ。

 24日に吉本は宮迫ら芸人11人を謹慎処分にすると発表したことで芸能界に激震が走っているが、その前には、いくつかの”兆候”があったようだ。

「TOKIO山口達也の性的暴行をはじめ、これまで数々のスクープを出しているニュースサイト「覚醒ナックルズ」(大洋図書)が22日、今回の闇営業問題で吉本を解雇されたカラテカ入江慎也が、出版社から暴露本の話を持ちかけられていると報じた件です。記事によれば、報道が出た瞬間、弁解の余地も与えず、自分だけが悪者にされてクビを切られたことに対し、入江は相当恨んでいるそう。また彼は今回の件で仕事の激減が避けられないため、生活のため暴露本を発売する可能性があるようですが……。出版が実現するかは定かではありませんが、さらなる火種が広がることとなるでしょう」(芸能記者)

 さらに同日放送のバラエティ番組『炎の体育会TV』(TBS系)ではレギュラー出演者の宮迫の出演シーンが大幅にカットされていたという。

「番組では、青山学院大学の駅伝チームとスタジオ出演者による対決企画が放送されました。その中で宮迫は、100秒ピッタリの時間で走りながらタスキを繋いでいく企画に参加。しかし参加者のKAT-TUN・上田竜也や、勝俣州和の事前コメントは紹介されたものの、宮迫だけは発言が全カットとなりました。さらに他の場面でも極力ワイプに抜かれないなど、まるで翌日の謹慎処分の発表を見越したような編集だと、業界内で話題になっています」(テレビ誌記者)

 こうした番組の違和感については放送時から視聴者から「宮迫が完全にいない扱いにされてる」「スポンサーが降りたりしてるから対処するしかなくなったのか」「編集マン大変そう」との声が飛び交っていた。

 宮迫がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日系)も数社のスポンサーのCMが差し替えられるなど、神経質な変化が見られるだけに、宮迫の「テレビ界追放」の動きは活発化しそうだ。

関連記事(外部サイト)