ジャニー喜多川氏の緊急搬送も影響……嵐『CDTV』出演解禁でジャニーズは”一枚岩”になれるのか

ジャニー喜多川氏の緊急搬送も影響……嵐『CDTV』出演解禁でジャニーズは”一枚岩”になれるのか

ジャニー喜多川氏の緊急搬送も影響……嵐『CDTV』出演解禁でジャニーズは”一枚岩”になれるのかの画像

 6月29日放送の音楽番組『COUNT DOWN TV』(TBS系)に嵐が登場。毎週1組のアーティストを深掘りするコーナーにて、発売3日でミリオンを突破したベストアルバム『ARASHI 5×20 All the BEST!! 1999-2019』の中から3曲が披露された。

 嵐が同番組に出演したのは14年4カ月ぶりで、TBSの音楽番組出演も9年4カ月ぶり。それを知ったファンからも「そんなに長い間出てなかったんだ」「TBSでドラマ主演しても、TBS制作の映画で主演しても歌番組ずっと出してくれなかったから不思議だった」と驚きの声が相次いでいる。

 音楽ライターが語る。

「ジャニーズ内の“派閥”の影響で、日本テレビ系は嵐を筆頭とするジュリー副社長派、TBS系はSMAPを筆頭とするI女史派が主導するという棲み分けができていたのがその理由です。しかし、ここにきて中居正広が司会を務める7月13日放送のTBS系音楽特番『音楽の日』にも嵐が初出演することが決定。嵐は6月26日にも『テレ東音楽祭』に初出演しており、デビュー20周年を機にこれまでと違う動きを見せています」

 ほかにも、ジャニーズの結束力が強まっている背景として考えられるのが、18日に緊急搬送されたジャニー喜多川社長の容態だ。

「事務所内に派閥があったときからも、ジャニーさんとタレントたちとの絆だけは不変だった。しかし、それだけに“もしも”のことがあった場合は、雪崩を打ったように所属タレントの退所ラッシュとなる可能性がある。実際、中居、長瀬智也、錦戸亮、亀梨和也、手越祐也あたりは独立予備軍と言われていますから、もはや内輪もめなどしている場合ではない。内外に影響力を維持するためにも、今までのタブーが解禁されていく流れが強まるでしょうね」(業界関係者)

 ジャニーズが“一枚岩”となる日がついに来るのだろうか。

関連記事(外部サイト)