お茶の間の潜在意識が生み出した、Mattという「美」の結晶体

お茶の間の潜在意識が生み出した、Mattという「美」の結晶体

Matt インスタグラムより

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(6月23〜29日)見たテレビの気になる発言をピックアップします

Matt「昨日マネキン屋さん見たら、自分がいっぱいいるって思って」

 美しい顔とはどんな顔か? 万人が一致する基準はないだろうけれど、少なくとも今のテレビの中で、顔が「小さい」ことは重要な条件のひとつになっていると思う。

 で、2019年7月現在、テレビの中で顔の「小ささ」を最もよく指摘されているのは、おそらく乃木坂46の齋藤飛鳥だろう。26日の『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)で齋藤は、その顔の小ささを際立たせるためにマスクを渡されていた。普通の人なら口元だけを覆うはずのマスクが、齋藤の場合は顔面全体を覆ってしまう。それほどまでに「小さい」顔ということで、客席からも驚きの声が上がった。司会の国分太一も目を見張る。

「顔小さいっすねー」

 もちろん、顔の大小にかかわらず、齋藤の顔立ちは整っていると思う。ただ、人によって評価にバラつきがある「整っている」に比べて、「小さい」は誰にとってもわかりやすい。顔の「美しさ」を話題にする際に「小ささ」が用いられやすいのは、そんな共通理解の得やすさがあるのかもしれない。「小さい」ことはイコール「美しい」ことではないのだけれど、より多くの人が一致する「小さい」という評価を、ひとまず「美しい」の代わりに使っている、というか。たとえるなら、オムライスの「おいしさ」を表現するとき、感覚的にわかりやすい「ふわとろ」というワードが採用されがちなのに似ているだろうか。

 顔の「美しさ」を示すわかりやすい指標には、ほかにも「肌が白い」とか、「目が大きい」とかがある。それらのポイントを強調した顔をテレビで披露しているのが、元プロ野球選手の桑田真澄の息子、Mattだ。数年前からテレビに少しずつ出ていたけれど、ここ最近、急に出演頻度が増えているという印象がある。

 先週もMattを複数の番組で見た。たとえば、24日の『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』(TBS系)。番組冒頭から、Mattは共演者にその顔の白さやマネキンのような造形を指摘されていた。平野レミも目を見開いてその顔を凝視する。で、番組中盤には、Matt自身こう話しだす。

「昨日マネキン屋さん見たら、自分がいっぱいいるって思って」

 あるいは、28日の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)。上沼恵美子やIKKOが、Mattの肌の白さや毛穴のなさに驚いていた。また、Mattは周囲から寄せられる整形の疑いをきっぱりと否定。次のように語った。

「小さいころから絵を描いてたので、自分の顔をキャンバスだと思って、いつも3時間かけてメイクしてるんで」

 どんな顔が美しい顔なのか? その問いに、万人が納得する答えを出すことは難しい。Mattも3時間かけて、キャンバスに自分なりの「美しさ」を表現しているのだと思う。ただ、顔の「小ささ」と同じように、「肌の白さ」なども「美しさ」それ自体ではなくて、あくまでもわかりやすさを優先して代わりに使われている基準のはず。そこを取り違えると、やっぱりちょっと奇妙なことになるように思う。オムライスの「おいしさ」を表現する際に「ふわとろ」という言葉が使われがちだからといって、「ふわとろ」を究極にまで突き詰めれば、「おいしい」オムライスができるというわけではないだろう。

 さて、父親の桑田は息子をどう思っているのだろうか? ただ、すでにMattは大人。親があれこれ口を出す年齢ではない、とも言える。親は親、子は子。本人の好きなように人生を歩めばよい。それもまた、ひとつの理想的な親子の関係だ。

 しかし、『人生イロイロ超会議』に、こんなシーンがあった。平野レミと一緒に料理をしていたMattは、食材を切るように頼まれた。それまでフライパンで料理を炒めたり、お皿を片付けたりしていたMattだが、次のように言って包丁を持つことだけは拒んだ。

「僕、お父さんに『切っちゃダメ』って言われてて」

 そこなのか。そこは親としてストップをかけるのか。

 26日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、また興味深い説が検証されていた。題して、「打ち合わせ中隣の部屋からカレーの匂いを送り続けたらその後全員カレー食う説」。すでにタイトルですべてを説明しているわけだけれど、6人の芸人を打ち合わせと称して昼前にTBSに呼び出し、隣の部屋でカレーを煮込んで匂いを送り続けたら、やっぱりその後はカレーを食べちゃうのではないか、という説だ。

 検証の1人目は、あばれる君。打ち合わせ中に「いい匂いしません?」とカレーの匂いに気づいていたあばれる君は、お昼に何を食べたのか。TBSを出たその足で彼が入っていったのは、見事にカレー専門店。当然、食べたのはカレーだった。店から出てきたあばれる君に、スタッフが問う。

スタッフ「なんでカレーを食べたんですか?」

あばれる君「え? なんで? おなか 減ったから? 違う?」

スタッフ「それ以外だと?」

あばれる君「……匂いしたから」

 2人目はバイきんぐ・西村。やはり打ち合わせ中に匂いに気づいた西村は、打ち合わせ終了後、牛丼屋に入りカレーを食べた。店から出てきた西村に説の内容を説明し、匂いに誘われたのかと尋ねると、こう答えた。

「いやー、ちょっと自分じゃわかんないっすね」

 3人目のマテンロウ・アントニーと、4人目のANZEN漫才・あらぽんは、うどん屋に入った。説立証ならずかと思いきや、そこで2人が食べたのは共にカレーうどん。5人目のクロちゃんが食べたのも、もちろんカレーだ。と、ここまでは順調だったのだけれど、最後6人目のマヂカルラブリー・野田は、カレー嫌いのためカレーを食べず。残念ながら、説としては立証ならずだった。

 ただ、カレー嫌いを除けば全員が匂いに誘われたように見え、しかもその多くが、自分がなぜカレーを食べたのかすぐには気づかなかったという結果は、なんだか興味深い。スタジオの松本人志も、「洗脳やな」と感想を漏らした。

 なるほど、匂いに限らず私たちは日々さまざまな情報を受け取る中で、意識しないうちに誘導されている面があるのだろう。「おいしい」オムライスは「ふわとろ」だという情報を浴び続けていたら、「ふわとろ」なオムライスは「おいしい」と勘違いしてしまうように。

 あるいは、私たちはこれまで、プリクラとか、顔写真の加工アプリとか、鈴木その子とか、ざわちんの顔マネメイクとか、くっきーの白塗り顔マネとか、ダレノガレ明美とか、そういった情報を断続的に目にしてきた。そんな私たちの潜在意識が生み出した「美」の結晶体、それがMattなのかもしれない。

(文=飲用てれび<http://inyou.hatenablog.com/>)

関連記事(外部サイト)