ジャニー喜多川氏の緊急搬送で中居正広、堂本剛、錦戸亮らの「ジャニーズから独立」が現実味

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の緊急搬送を受けて業界内がにわかに騒がしくなっている。

 同事務所はすでに母親であるメリー喜多川副社長のサポートのもと、藤島ジュリー景子副社長による体制に移行していたが、それでもやはりカリスマのジャニー社長の影響力は大きい。

 一部では中居正広やKinKiKidsの堂本剛、関ジャニ∞の錦戸亮、大倉忠義、Kis-My-Ft2、NEWSの手越祐也らの独立も取り沙汰されている。

「中居とKis-My-Ft2は元SMAPのチーフマネジャーで稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾らが所属する芸能事務所『CULEN』を実質的に率いる飯島三智さんがマネージメントを手掛けていたこともあり、独立が取り沙汰されるのも納得です。関ジャニ∞に関しては元々“メリジュリ”案件ではありますが、昨春に渋谷すばるが独立したことが大きいでしょう。錦戸は以前から俳優としての独り立ちを希望していたようですし、大倉に関しては最近、一部悪質なファンのマナーについて苦言を呈しましたが、父親が焼き鳥チェーン『鳥貴族』の社長で経済面でも恵まれており、自由な芸能活動を志向している向きもあります」(スポーツ紙デスク)

 そうした中、業界内でとくに注目を集めているのが中居の動向だ。MCとして数多くのレギュラー番組を持つ、日本を代表する売れっ子タレントである。

「今でこそ数多くのジャニーズタレントがバラエティーや情報番組などで活躍していますが、MC業で成功した男性アイドルの先駆けとも言える存在。その一方で、事務所としては世代交代という側面もあってか、フジテレビの『27時間テレビ』では2年連続でメインMCを務めるなど、近年は関ジャニ∞の村上信五さんを“ポスト中居”として売り出そうとしている印象が強いですね」(同)

 村上とマツコ・デラックスがMCを務め、現在日本テレビで放送されている「月曜から夜ふかし」と中居がMCを務める「中居くん決めて!」(TBS系)が裏番組としてバッティングしているのも2人のライバル関係を鑑みるに何とも興味深いところだ。

 こうした背景もあり、中居の独立説を後押しする声が高まっている。別の芸能事務所マネジャーはこう語る。

「中居さんが、SMAP独立騒動の際に注目された、元大手芸能事務所のスタッフが立ち上げた会社を受け皿に独立するという噂が流れています。このスタッフの会社は飯島さんを陰からサポートする大手事務所の社長の命令で当初、飯島さんおよび元SMAPの3人の受け皿になるはずですしたが、飯島さんが独自にスポンサーを見つけて独立したことで、宙ぶらりん状態になっていました。そこで今回新たに独立後の中居さんの受け皿になるのではないかと目されています」

 もっとも、中居の早期の独立については懐疑的な見方もある。

「中居さんとジャニーズ事務所との契約は9月末までで、3ヵ月前にあたる6月末には契約を更新するか否かの結論が出ているはず。いまだにジャニーズに近しいメディアからも独立決定という話が出ていないということは、年内の独立の可能性は低いということでしょう。中居さんは数多くの番組を抱えており、独立となれば関係筋への影響も大きいでしょうし、ジャニー社長が病気と闘っている最中に独立するというのも、あまり心象が良くないですからね」(民放テレビ局の編成担当)

 所属タレントの独立は精神的支柱であるジャニー社長の体調回復にかかっているようだ。

関連記事(外部サイト)