ジャニー喜多川さん死去 訃報と“お別れ会”の絶妙すぎるタイミング……重大発表の舞台裏

ジャニー喜多川さん死去 訃報と“お別れ会”の絶妙すぎるタイミング……重大発表の舞台裏

ジャニー喜多川氏

 解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため、先月18日から入院中だったジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川氏が、9日午後4時47分、都内の病院で亡くなった。享年87。同日夜、所属事務所がマスコミ各社にファクスで発表した。

 各メディアはこのニュースを大々的に報じたが、ファクスによると、ジャニーさんは先月18日の午前11時30分頃自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送された。搬送後は集中治療室で懸命な救命措置が行われた甲斐あって一般病棟に移り、タレントやジャニーズJr.たちとの面会を果たすことができたという。

 通夜・告別式についてはタレントたちとジャニーズJr.のみで「家族葬」を行い、後日、「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしております」としている。

「“お別れ会“に関しては、かなり盛大に行わるということです。ジャニー氏が喜ぶのは自分が生み出したタレントたちによるパフォーマンスだと思われるので、ファンではなく、メディアや仕事先の関係者を招いてアリーナクラスの大会場でのお別れ会になるのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 先月の入院以降、ジャニーさんに関する“重大発表”がいつになるかが注目されていたが、訃報を発表。ついに“真の重大発表”となったが、そのタイミングはあまりにも絶妙だったという。

「各メディアには、亡くなってから5時間以上経過した、午後10時半ごろに発表。発表までの間に諸々の処理を済ませていたと思われる。おまけに、発表した時間はジャニー氏の姉・メリー喜多川副社長が“天敵”と位置付ける『週刊文春』(文芸春秋)の校了後のタイミング。同誌には一字もジャニーさんの訃報を掲載させないという執念がうかがえる」(芸能記者)

 ジャニー喜多川氏の訃報には、ご冥福をお祈りすることしかできないが、芸能界に一代で帝国を築き上げた彼の死去により、今後、ジャニーズ事務所を取り巻く環境は激変しそうだ。

関連記事(外部サイト)