宇垣美里、TBS時代の「スタッフハラスメント」発覚で、業界内では”田中みな実株”が急騰中!

宇垣美里、TBS時代の「スタッフハラスメント」発覚で、業界内では”田中みな実株”が急騰中!

オスカープロモーション公式ホームページより

 同じキャラのあの人はニンマリ?

 フリーアナウンサーの宇垣美里が7月12日の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でTBS時代の「コーヒーぶちまけ事件」の真相を語ったことが話題を呼んでいる。この件で、宇垣は大きく好感度を下げているようだ。

「この事件については以前に週刊誌が報じており、半ば都市伝説のようになっていた。しかし、実際に近いことは起きていたようで、宇垣によれば、プロデューサーに直前に担当番組の降板を告げられことに腹を立て、相手が自分のために買ってくれたコーヒーを『あなたからもらったコーヒーは飲めませんとジャーッと捨てた』のだとか。しかもこの話が外部に漏れたことについて『民度が知れる』と吐き捨て、ダウンタウンを驚かせていました」(テレビ誌ライター)

 ネット上ではコーヒーの中身をわざわざ捨てた態度に批判が殺到。先日の『スッキリ』(日本テレビ系)でも、TBS時代に共演した加藤浩次が、ADに台本を投げつけた事件を暴露しており、予想以上の“スタッフハラスメント”にドン引きした人が多かったようだ。

 そんな宇垣の自爆によって株が上がっているのが、“キャラかぶり”と言われることの多い田中みな実だという。芸能ライターが言う。

「2人は“ぶりっ子”“あざとい”といったキャラで一括りにされがちですが、実は田中のほうは正論を言って共感されることも多い。また、彼女は自分が出演している番組の全てのスタッフ、共演者に日頃の感謝を伝えるために“手作りチョコ”を渡すなど、気配りを欠かさない。TBS時代に自分がアシスタントを務めていたラジオ番組が終了した際に、『私の力不足で申し訳ありません。もっと頑張りますので、またぜひご一緒させてください』と目に涙を溜めてスタッフ一人一人に頭を下げたのは有名な話。皆、その姿に感動して、絶対また彼女のために番組を立ち上げようと思ったそうです」

 田中と宇垣のテレビ出演の違いは、そのままスタッフからの慕われ方の差なのかもしれない。

関連記事(外部サイト)