ネプチューン名倉潤の「うつ病休養」発表と東スポ報道の”あのウワサ”に関係は?

ネプチューン名倉潤の「うつ病休養」発表と東スポ報道の”あのウワサ”に関係は?

ワタナベエンタテインメント公式ホームページより

 どうにも気になるタイミングではある……。

 8月1日、お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が頚椎椎間板ヘルニアの手術後にうつ病を発症し、リハビリのため休養すると所属事務所が発表した。休養期間は約2カ月としている。

「ネット上でも名倉の異変はささやかれており、『しゃべくり007』(日本テレビ系)では雛壇の前列から後列に移っていたり、最近の『ネプリーグ』(フジテレビ系)ではまったく存在感がなかった。それも、ヘルニアの影響があったのかもしれません」(芸能ライター)

 しかし一方で、ネット上では東京スポーツが今年6月に報じていた薬物に関する記事がクローズアップされ、今回の休養と関連付けようとする声も噴出している。

「東スポはKAT-TUNの元メンバー・田口淳之介被告と一緒に大麻所持で逮捕された元女優の小嶺麗奈被告の記事を掲載。『小嶺ルート』からマトリがお笑い界の超大物タレントに狙いを定めていると報じていました。さらに、小嶺にはアラフォー美女の親友がいて、その女性は数多くのジャニーズタレントとも交友があり、誰もが知る人気者で現在もバラエティー番組などで活躍する超大物お笑いタレントと男女の関係だったというヒントもありました」(同)

 この東スポが報じた記事に、芸能界の一部が大慌てになっていたという報道も続いた。

「そして、この3人は今でもよく会っていて、都内で挙動不審な様子を見せていたとのことです。ネット上では、小嶺の親友アラフォー美女として、菅野美穂、片瀬那奈、吉野公佳の名前が挙がっているのですが、とりわけ吉野は嵐・大野智との熱愛ショットが写真誌に掲載されたことがあり、その大野は週刊誌に薬物疑惑が報じられたことも。そして、その吉野はかつて名倉とも熱愛報道がありました。こうした点と点をつなぎ合わせてストーリーを組み立てられ、ネット上がざわつく事態となっているようです」(週刊誌記者)

 名倉が単なる病気療養であれば、とんだ風評被害ということになりそうだが、果たして?

関連記事(外部サイト)