NHK『だから私は推しました』遅咲き女優・桜井ユキから漂う“破滅のにおい”

NHK『だから私は推しました』遅咲き女優・桜井ユキから漂う“破滅のにおい”

ユマニテ公式サイトより

 NHKで土曜夜11時30分から放送されている『だから私は推しました』が不穏である。

 主人公の遠藤愛(桜井ユキ)はキラキラOL。インスタ映えする楽しい日々を過ごしていたが、海外赴任を機に恋人から「俺、お前の“いいね”の道具じゃないから」と別れを告げられる。傷心の中、落としたスマホを拾ってくれた男と会うためにたまたまライブハウスを訪れた愛は、地下アイドル・サニーサイドアップのハナ(白石聖)の姿に衝撃を受けて、彼女の“推し”となっていく。

「推し」とは応援しているアイドルのことで、「私の推しはハナ」といった使い方をする。この「推し」という言葉を、愛は「もうひとりの自分」だと解釈する。

 第1話は、愛が薄暗い部屋で、誰かに自分のことを話している場面が回想形式で挟み込まれるのだが、やがて、愛が誰かを階段から押して、ケガをさせたことがわかる。

 つまり、“推し”と“押し”を重ねたダブルミーニングなのだが、キラキラ女子だった愛がハナのために何らかの犯罪行為に手を染めてしまうというバッドエンドを予感させることで次回への関心を引く、見事なストーリーテリングである。

 脚本を担当したのは森下佳子。民放地上波では『JIN-仁-』や『義母と娘のブルース』(ともにTBS系)、NHKでは連続テレビ小説『ごちそうさん』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』を手掛けたヒットメーカーだ。

 本作が放送されている「よるドラ」枠は今年リニューアルされた新設枠で、新鋭の脚本家が、斬新な題材を扱うことで注目されているドラマ枠。

 本作の「地下アイドル」という題材も、この枠ならではのものだろう。すでにキャリアを確立した森下が脚本を担当することで、この枠ならではの攻めの姿勢が消えてしまうのではないかと当初は懸念していたが、演出とストーリーが見事に融合しており、「よるドラ」の先鋭性が森下にプラスの方向で作用し、かつてない問題作に仕上がっている。

 地下アイドルのディテールも、元・地下アイドルの姫乃たまがアイドル考証に入っていることもあって、むせ返るようなリアリティとなっており、暗い映像も地下アイドルの現場が持つ同好の士が寄り添っている狭くて濃い文化空間から漂う、居心地のよさと悪さを同時に体現している。

 サニーサイドアップの設定も作り込まれており、MVや動画をネット上で公開することでリアルなアイドル人気が盛り上がりを見せており、話題に事欠かないが、何より目が離せないのが、主人公を演じる桜井ユキから漂う破滅のにおいである。

 桜井は24歳デビューの遅咲き。2016年からは、安藤サクラ、門脇麦といった実力派女優が所属するユマニテに所属している。

 デビュー当初は目立たない役が多かったが、みるみる頭角を現し、2015年に『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』といった園子温監督の映画に立て続けに出演したことで、一気に露出が増えていく。テレビドラマの出演もじわじわと増えていき、16年に坂元裕二脚本の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)以降は『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』『絶対正義』、といったフジテレビ系のドラマに多数出演している。

 切れ長の目に、大きな口。サバサバしているが、一方で気だるい雰囲気を感じさせる桜井の風貌は、いかにも大人のできる女という感じ。20代後半で大人びた女性という立ち位置にうまくハマり、バイプレイヤーとしておいしい立ち位置を獲得できたのは、遅咲きゆえの幸運だったといえるだろう。

 そんな彼女の映画初主演作となったのが『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY -リミットオブスリーピングビューティ-』。監督は岡崎京子の漫画『チワワちゃん』を映画化した二宮健。桜井が演じるオリアアキは女優を目指しながら、サーカス団・オーロラでマジシャンの助手として働く29歳の女性。

 サーカスで催眠術にかかる演技を繰り返したことで、オリアは現実と妄想の区別がつかなくなっており、虚実入り混じった彼女の内面世界が延々と描写される。

 パズル的な映像が続くMVのようなおしゃれな作品なのだが、破滅に向かっていく桜井の危険な魅力が全開となっている。恋人役を演じた高橋一生とのラブシーンではヌードも披露し、文字通りすべてをさらけ出した演技を見せている。

 面白いのは、どんな暗いシーンを演じても、日本人特有の湿っぽさが桜井にはないこと。だから、心と体が破綻して悲劇的な結末を迎えても、カラッとしたカッコ良さがある。こういう女優は洋画や海外ドラマではよく見かけるが、日本では珍しいのではないかと思う。

 ドラマ初主演作となる『だから私は推しました』の遠藤愛も同様で、物語は明らかに破滅に向かっているのだが、ひどい状況になればなるほど愛のタフさが際立っていく。そんな愛が、真逆に見えるか弱い地下アイドルのハナに入れ込んでしまうことが本作の面白さだろう。今の桜井にしか演じられない、ハードボイルドな女である。

●なりま・れいいち
1976年生まれ。ライター、ドラマ評論家。ドラマ評を中心に雑誌、ウェブ等で幅広く執筆。単著に『TVドラマは、ジャニーズものだけ見ろ!』(宝島社新書)、『キャラクタードラマの誕生:テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)がある。

◆「女優の花道」過去記事はこちらから◆

関連記事(外部サイト)