たむらけんじ、主催イベントに謹慎芸人を男気オファーも「そもそも入江と変わらない」の指摘

たむらけんじ、主催イベントに謹慎芸人を男気オファーも「そもそも入江と変わらない」の指摘

たむらけんじ

 闇営業に参加した吉本興業の芸人11人の謹慎処分が8月19日に解除され、芸人たちは順次、吉本の劇場などに出演していくこととなる。そんななか、謹慎芸人に出演オファーを出したのが、中堅芸人のたむらけんじだ。

 たむけんは自身がプロデュースするイベント『大阪パフェ』(11月9・10日に大阪・万博記念公園で開催)の発表会見で、謹慎芸人11人に対し「スケジュールが空いていたら全員呼びます」と宣言した。

「カラテカ入江主催のイベントのスポンサーに反社会的勢力が入っていたことが発覚して問題になったのに、『たむけんのイベントは大丈夫なのか?』なんて声もあがっていました」(お笑い業界関係者)

 今回の『大阪パフェ』の主催は吉本も参加している「万博記念公園マネジメント・パートナーズ」で、吉本興業自体も共催として名を連ねている。つまり、ほぼ完全に“吉本主催のイベント”ということで、さすがに反社が入り込む余地はなさそうだが……。

「入江のイベントは、出会いがテーマになっている“大規模な合コン”のような雰囲気で、そもそも怪しかった。その点、たむけんのイベントは純粋に音楽やお笑いを楽しむようなものなので、怪しい点はないと考えられています」(週刊誌記者)

 とはいえ、ビジネス関連の交友関係が広いたむけんに対して、不信感を抱く芸人もいるという。

「たむけんは、これまで飲食店など、いろいろな副業に手を出しているし、政界進出の噂まであった人物。芸人以外の交友関係が幅広く、傍から見ていると、やっていることは入江とあまり変わらない印象です。

 お笑いに対してもそんなに熱いタイプではないし、『たむらさんは芸人としてどうかと思う』なんて話す後輩芸人も少なくないのも事実。顔が広すぎるがゆえに、それこそ入江のように『知らなかったが、実は反社だった』という知人が出てくるのではないかと心配されています」(前出・お笑い業界関係者)

 謹慎芸人たちに助け舟を出したつもりのたむけんが、自分の交友関係で足を引っ張るようなことにならなければいいのだが……。

関連記事(外部サイト)