りんごちゃん、”ギャップものまね”大ブレイクで漏れてきた素顔とネタへのこだわり

りんごちゃん、”ギャップものまね”大ブレイクで漏れてきた素顔とネタへのこだわり

りんごちゃん公式プロフィールより

 大友康平や武田鉄矢などのハイクオリティーな“ギャップものまね”で、ブレイクした「りんごちゃん」。今年1月に日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』に出演したことをきっかけに、多くのバラエティー番組に出演するようになっている。

「りんごちゃんはイマーゴプロモーションというニューハーフ系タレントを抱える小規模な事務所の所属なのですが、モデル系のエイジアプロモーションと業務提携したことで、メディア露出が一気に増えました」(テレビ局関係者)

 エイジアプロモーションといえば、益若つばさ、高橋メアリージュン、高橋ユウ、近藤千尋、小倉優香などが所属。読者モデル出身のタレントから、女優、グラビアアイドルなど、多くのタレント・モデルを抱えている。

「所属タレントは多いものの、芸能界的には新興勢力なので、大手事務所のような面倒臭さやしがらみもなく、フットワークが軽い印象です。制作サイドとしても気軽にオファーできるし、スケジュールも融通してもらいやすい。だからこそ、りんごちゃんがバラエティー番組に出まくっているんでしょうね」(同)

 マネージメントにも恵まれてブレイクを果たしたりんごちゃんだが、彼女はネタに対するこだわりが人一倍すごいという。

「基本的に番組内でものまねをする際は、事前に流れをしっかり決めていることが多いようです。その場のアドリブでネタをするということはほとんどない。りんごちゃんがものまねをするとき、本人が必ず『スターティン!』と言ってから、カラオケが流れるんですが、これはほかの出演者に勝手にネタ振りをさせないようにするため。ちゃんと納得のいく形で、なおかつ自分の間でないと、ものまねをしないんです」(制作会社関係者)

 ただしそのこだわりの強さゆえに、制作サイドが困ることも少なくないようだ。

「番組のMCによってはアドリブ感を重視する人もいて、そういう人の番組に出るとあまりハマらないこともある。必ずしも制作サイドの思惑通りに動いてくれるわけではないので、困惑するスタッフもいるようです」(同)

 しかし、そのこだわりがりんごちゃんの芸を守るとの指摘も。

「今まで多くの芸人が、制作サイドの言いなりになって持ちネタを安売りした結果、短期間で消費され、一発屋芸人になってきたわけです。でも、りんごちゃんは強いこだわりを持っているので、周囲に流されて消費されるということはない。もちろん、需要があっての芸人なので、自己主張ばかりをしていたらダメですが、自分でネタの質をマネジメントすることは重要。それを実践しているという意味では、むしろ息の長いタレントになる可能性があるのでは」(構成作家)

 りんごちゃんは、果たしてその強いこだわりで芸能界の指定席を勝ち取ることができるのだろうか? 来年の今頃には答えが出ているだろう。

関連記事(外部サイト)